睡眠中も美を磨く「着て寝るだけ」で美肌になれるパジャマの素材って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Beautiful Sleeping Woman

8時間寝る人は一日の1/3、6時間睡眠の人でも一日の1/4は眠っている時間です。日々家事や仕事や子育てに追われていると、自分の美容にかける時間なんてあまりないという人は多いでしょう。

ですが、何もしていないとどんどん老化は進んでいくばかりです。なんとかしてこの一日の多くを占める“睡眠中”を自分磨きの時間へと変えることはできないのでしょうか?

睡眠コンサルタントの友野なおさんによれば、実は睡眠中に着ているだけで美肌効果がある素材があるそうなんです!

 

■睡眠美容的には絶対に“シルク”

「寝るときの格好でおススメしたいものとして、睡眠美容的には断然シルクですね。シルクは、天然繊維の中で最も人の肌に近い素材といわれています。

シルクに含まれるシルクプロテインは美容商品などにも用いられますが、着るのにも最適で保湿性にも優れています。

シルクを着て寝ると、寝ている間に皮膚がすれて、角質ケアをしてくれるので、それだけでお肌がすべすべになりますよ」

シルクは高級なイメージがありますが、やはりそれだけに美容効果もあるんですね。

パジャマは一枚買って使いきりというモノではないのですから、かなり費用対効果が高いと言えるのではないでしょうか。

洗濯などに気を使えばさらに長く使えるので、一枚買ってみるのはいかがでしょう?

 

■シルク以外なら“コットン”がおススメ

さらに、シルク以外に睡眠のためにいい素材などはあるかどうかを聞いてみました。

「全体的にはコットンがおススメですね。布の耐性が強いので頻繁に洗っても大丈夫ですし、吸湿性、放出性、吸汗性などに優れていて、汗をしっかり吸い取ってくれます。蒸れ感がないので快眠に効果的です」

パジャマが蒸れて気持ち悪いと、夜中に目が覚めてしまうなんてこともありますよね。睡眠の質を上げることは美容にもいい影響を与えます。

そのためには、蒸れる心配の少ないコットン素材のモノを選ぶといいんですね。

 

いかがでしょうか?

快眠できるかどうかは次の日の行動にも影響を及ぼす大事なことです。快眠しながらもお肌をつるつるすべすべにしてくれるシルクはオススメの一品です。

今のパジャマを買い替える時には、次はシルク素材のモノを選んでみてはいかがですか?

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

友野なお・・・株式会社『SEA Trinity』代表取締役。睡眠コンサルタント。科学でわかる、「ねむりの環境・空間ラボ」主宰。順天堂大学 大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程。日本睡眠学会、日本睡眠環境学会正会員。自身が睡眠を改善したことにより15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。全国の講演活動を通じて約1万人を快眠へと導く。

 

【関連記事】

※ ゲゲッ実年齢より老けてみえる!? 実は老化を加速させるNG習慣4つ

※ 顔が老けたって感じない?30代から下がる「肌の免疫力」をアップする方法

※ 「意識してる習慣は?」50歳過ぎても綺麗な人に質問…1位の回答が美人すぎる

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 老け見え解消!? 漢方から考える髪のエイジングケアとは

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ ママ友に「オバ顔」認定される顔の特徴!2位はたるみ、1位は○○

 

【画像】

※ Okssi68 / PIXTA(ピクスタ)