「体にいいからいくら食べてもOK」って本当!? フルーツに関する間違った知識3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Fotolia_79333006_Subscription_Monthly_Mまだ暑い日も続きますが、暦の上ではもう秋。秋といえば“実りの秋”。食べ物が美味しい季節ですよね。そして、もちろん果物もおいしいい季節なので、「つい食べ過ぎてしまう」なんてこともあるでしょう。

果物といえば、すべて“体に良いも”のというイメージがありますよね。しかし当然なことですが、果物とひとまとめに言っても、種類によって含まれている栄養は違います。

また、果物は、“たくさん食べれば体に良い”となんとなく思っていませんか? 実は、“果物の食べ方や選び方”にもNGがあるのです!

そこで今回は『WooRis』の過去記事と海外情報サイト『Prevention』を参考に、“フルーツに関する間違った知識”3つをご紹介します。

 

1:無制限に食べてOKではない

例えばダイエットでは、「フルーツならいくら食べても良い」「朝はフルーツをたくさん食べましょう」という説があるかと思います。確かにフルーツは甘くておいしいので、いくらでも食べられますよね。

しかし、フルーツにも普通に“糖分”が含まれています。しかも、ものによっては結構多くの糖分が含まれていることもあります。

定番のバナナやマンゴー、また、これからの季節だとぶどう、柿、りんごなども糖分が多い果物ですので、食べ過ぎは禁物です。

 

2:“フルーツだけ食い”が血糖値に影響

同じ甘いものであってもキャンディを食べるより、フルーツを食べる方が健康には良いでしょう。

しかし、フルーツを食べても血糖値は上がるので、例えばチーズなどのタンパク質を一緒に摂るのがオススメです。タンパク質に含まれているグルカゴンの働きによって血糖値が安定します。

これは意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

 

3:オーガニックのものを選んでいない

日本ではオーガニックフルーツというと、少し特殊でお値段がはってしまうもの。

しかし、フルーツには多くの農薬が使われているという事実は見逃せないはず。子どもが大好きなフルーツだけに、ママたちには気がかりな点です。

健康に良いとされているものを食べて、健康を害するのは本末転倒。さらに、仮に病気になってしまった場合、その治療にも費用がかかります。

それならば、多少高くてもオーガニックフルーツを食べるという選択もアリですよね。可能ならば、なるべくオーガニックフルーツを選んでくださいね。

 

以上、“フルーツに関する間違った知識”3つでしたがいかがだったでしょうか?

旬のフルーツは美味しいですよね。「正しく選んで美味しく食べる」これが健康になる秘訣です。

(ライター 吉田和充)

 

【Speacialコンテンツ(PR)】

管理栄養士が教える!高齢出産時の要注意ポイントと摂るべきサプリ

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

妊活始めたらコレ!やずやのレモンの葉酸サプリの詳細はコチラ

 

【知っておきたい!妊活特集】

何から始めたらいいの?「アラサーなら知っておきたい」妊活のアレコレ

 

【参考】

※ 7 Ways You’re Eating Fruit All Wrong – Prevention