3位は夫婦喧嘩!円満夫婦ほど「月イチ以上」してる行為1位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

せっかく結婚したのですから、円満ラブ夫婦になりたいですよね。結婚生活は良いときも苦しいときもあるので、新婚当初のようにラブラブではない関係をお嘆きの妻もいることでしょう。

しかしアンファーが1,000名に行った「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」によれば、円満夫婦を自負している人が81.0%にも達しました! 一方、不仲を痛感している人は19.0%です。

では、夫婦仲の円満を実感している男女は日頃どんなコミュニケーションをとっているのでしょうか?

同調査をもとに、円満夫婦が月イチ以上しているコトのトップ3をランキング形式でご紹介しましょう。

 

■3位:夫婦喧嘩(39.8%)

夫婦が行う代表的なコミュニケーションについて項目をあげ、それらを月に1回以上行う夫婦はどれくらいいるかという割合を調べたところ、円満夫婦の回答が高かったコミュニケーション第3位は、39.8%が月イチ以上していると回答した「夫婦喧嘩」が選ばれました。

「喧嘩するほど仲がいい」という言葉もあるように、素直な感情を出し合ってときにぶつかることも円満ラブには必要なことですよね。

むしろ、言いたいことが言えない関係になってしまえばココロのミゾが生まれ、相手が何を考えているのかわからなくなることも……。

円満を自負する夫婦でも月イチ以上の喧嘩は定番なようですから、ホッとした妻もいるのでは?

 

■2位:キス(50.0%)

続いて、2位になっているのは円満自負夫婦の50.0%が“月イチ以上いている”と回答した「キス」。

やはり円満ラブ夫婦ほど、スキンシップの頻度も高い様子がうかがえますよね。

せっかく夫婦なのに、お互いに触れる機会がなければただの“同居人”のような感覚に。妻としては寂しさも抱きますし、キスは円満夫婦をキープしてくれる絆なのです。

「そういえば、最近夫とキスしていない……」というかたは、ぜひこの機会に自分からしてみては……?

 

■1位:感謝を伝える(65.4%)

そして、1位になったのは65.4%の円満自負夫婦が“月イチ以上”していると回答した「感謝を伝える」でした。

何かをしてくれたシーンはもちろんですが、互いの存在や日々のがんばりに「ありがとう」を伝えるだけでココロがほんわかしますよね。

円満ラブを自負している夫婦ほど、感謝を伝え合う機会も多いようで、少なくとも“月イチ以上”そんなシチュエーションをつくっているようです。

 

■次点:デート

ちなみに、トップ3ではありませんでしたが次点になっていたのは円満自負夫婦の39.0%が“月イチ以上”していた「デート」。家で顔を合わせる時間だけでなく、恋人時代のようにデートを楽しんでいる夫婦も少なくありませんでした。

一緒に家にいるだけだと刺激にも欠けますから、意識的にデートをしてみると新しいパートナーの一面にも出会えるかもしれません。

 

いかがでしょうか? 円満ラブを実感できれば、毎日の生活がグンと充実しますよね。

「ウチは今、円満じゃないかも……」というかたは、ぜひ“夫婦だからこそできるコミュニケーション”を活発にしてみてください。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 2位金融・証券マン!浮気経験女性140人に聞いた「浮気相手の職業」1位は

※ 3位はHのお誘い!夫が「心底ウンザリ」な妻のおねだり…危険な1位は

※ 夫が久々に妻とお風呂に入って「がっかりした事」3位胸垂れよりもゲンナリな1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

 

【参考】

夫婦愛と頭髪に関する調査2016 – アンファー

 

【画像】

※ Phovoir / Shutterstock

tagタグ一覧