気づいたら…アッという間に体重が増えているNG食習慣4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Fotolia_113956392_Subscription_Monthly_M特に食べ過ぎている訳でもないのに、最近体が重い、洋服がきつくなったという人、それは生活習慣に問題があるのかもしれません。

普段なにげなくやっていることが、余計なカロリーの摂取へと繋がったり、カロリー消費を抑える原因になっていたりするのです。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事と海外情報サイト『Health』を参考に、“知らぬ間に体重が増えていく人のNG習慣”4つをご紹介します。

 

■NG1:テレビを見ながら食事する

テレビの前に座って食事をすると、どうしても食事ではなくテレビに注意が向いてしまい、なんとなくダラダラと食べ過ぎてしまいます。

たとえ1人で食事をするときでも、テレビを消してちゃんとテーブルで食べるようにしましょう。

ちなみに、テレビを見るときは座って見るのではなく、掃除をしながらや軽いストレッチをしながら見るようにすると、家にいながらカロリーを消費することができますよ。

 

■NG2:料理を大皿に盛ることが多い

家族の食事を大皿で出していませんか? 確かにこちらの方が楽かもしれませんが、大皿方式だと、自分がどれくらい食べたのかがわからず、つい食べ過ぎてしまうことになります。

実は視覚で認識するということが、食べ過ぎ防止には意外と大切なようです。そこで自分の食べた量を把握するためにも、ワンプレート方式を取り入れてみましょう!

最初からワンプレートに一人分を取り分けておけば、一目で自分が食べる量がわかりますし、食べたあとの満足感も得られます。

それでも欲張って山盛りのせてしまう人は、お皿を一回り小さいものに変えるといいですよ。

 

■NG3:残飯処理が義務になってる

ママにありがちな余計なカロリー摂取の理由が、この残飯処理です。

家族が残したものを、もったいないからと毎回自分で食べてしまっていたら、いつの間にかお腹周りにお肉がついてしまいますよ。

残り物は次の日の自分のランチ用にとっておきましょう。そうすれば、作る手間も余計なカロリーも省けますよ。

 

■NG4:豪華すぎるサラダ

ヘルシーだからとサラダを好んで食べていても、ベーコン・アボカド・チーズにナッツとトッピングを豪華にしてしまうと、意外や意外、結局ハイカロリーなサラダが出来上がってしまうのです!

また、ドレッシングも意外とカロリーがあるので気をつけなければなりません。

体重が気になる人は、シンプルなサラダに塩、胡椒、オリーブオイルとレモン汁のような簡単ドレッシングでカロリーを抑えてみましょう。

 

以上、“知らぬ間に体重が増えていく人のNG習慣”4つをご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 普段からこれらのことに気をつけていれば、しんどいエクササイズをしなくても、体重をキープできます。

「知らない間に脂肪がつき、気づいたら体重が増えていた!」なんてことにならないよう、さっそく手を打ちましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 実はダイエットにはコレが大事!? 痩せる為にコントロールしたいホルモン3つ

※ だから朝食べた方がよい!効果的な「ヨーグルトダイエット」の方法

「しゃっくりを100回したら死ぬ」説を大検証!ウソorホント

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

 

【参考】

※ 25 Ways to Cut 500 Calories a Day – Health