2位手抜き料理…働きママが反省する「育児で疎かになっている事」1位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

pixta_24794525_s現代では一般的になった“ワーキングマザー”。育児に仕事にと時間に追われた生活を送っている方も多いのではないでしょうか。

両立するうえでそのバランスは難しく、「今日はこれができなかった……」などと反省することもありますよね。日々頑張っているからこそ、反省も生まれるものです。

今回は、『WooRis』が独自調査で、働きママ178人に“育児において疎かになっていること”を伺いましたので、筆者の周りの意見も参考にしつつ、ランキング形式でお伝えします。

働きママ同士で家事や育児について語り合う時間をとることは難しいでしょうから、ぜひ参考にしてみてください。

 

■同率3位:家事全般

第3位は、同率で三つ選ばれました。一つ目は、“家事が手抜きになってしまう”。

・「時間がないので、どうしても料理が手抜きになります。掃除はもともと得意ではありませんが、掃除機も休みの日にしかかけられません」

・「家事全般手抜き」

外勤している方は家にいる時間自体が短いので、最低限するべきことを優先させている状況がうかがえます。

体が資本ですから、手抜きできるところは手抜きして、余計な負担を減らすことも母として重要なことですね。

 

■同率3位:一緒に遊ぶこと

同率第3位、二つ目には、“子どもと一緒に遊ぶ時間が少ない”という意見があがりました。

・「子どもと遊ぶ時間が少ない」

・「関わる時間が少ない。この為、ゆっくり時間を気にせず遊ばせてやる機会が少ない」

「親といない時間に子どもは子どもで遊んでいるし……」と思われる方もいるかもしれませんが、親子で一緒に遊ぶという行為は大事な親子コミュニケーションの一つ。

お休みの日には、なるべくたくさん遊んであげてくださいね!

 

■同率3位:勉強をみてあげること

同率3位、三つ目は、“勉強をみてあげることができない”でした。

・「家庭で勉強を見てあげる時間がとれない事」

・「勉強を見てやる事や本読み」

近年では自室で宿題などの勉強をすることより、リビングで勉強をすることを“よし”とする風潮があります。ママと同じ空間を共有することで、子どもも安心して勉強に取り組めるといわれています。

しかし家にいることの少ないママは、その時間がとれないことに悩みをもっている様子。

勉強においての得意・不得意や子どもの悩みなど、コミュニケーション不足にならないよう時間をとってあげたい働きママの本音がうかがえます。

 

■第2位:料理や弁当作り

第2位は、“料理や弁当に凝ってあげられない”でした。第3位の家事の中でも、特に“料理が手抜き”という意見が多くあげられていました。

・「かわいい丁寧なお弁当作り」

・「凝った料理や手作りお菓子をつくる頻度」

筆者の周りでも「お弁当は夜の残り物を詰める」「夜ごはんは帰ってから作るので、丼ものに偏りがち」など、短時間で料理を済ませる働きママが多く、日常的に料理にかける時間がとれていないようです。

それでもあくまで“手作り”にこだわる方が多く、出来合いのお惣菜や出前などは最小限にとどめているようです。時間がない中でも、子どもに対する愛を手作りに込める方が多いのですね。

 

■第1位:子どもの話を聞くこと、細かい気遣い

“子どもの話を聞くことや細かい気遣いができていない”と感じている方が圧倒的多数で第1位でした。

・「子どもと向き合う時間が少ない」

・「細かいところまで目が行き届かないこと」

子どものちょっとした変化を見逃さないために、同じ時間を共有することは重要な要素の一つです。

また筆者の知人では「朝体調が少し悪そうでも、仕事に行かなければならない自分がいて目をつぶってしまうことがある」と、気付いていても見てみぬふりをするといった話も……。

せめてご飯の時間や、一緒にお風呂に入っている場合はお風呂の時間など、家族団らんの時間は子どもと過ごすことに集中し、話をたくさん聞いてあげたいものです。

 

いかがでしたか?

『WooRis』の過去記事「もっとアレしてあげれば良かった!50~60代先輩ママの子育ての後悔1位は」でも、忙しくて構ってあげられなかったことやスキンシップ不足がランクインしています。

働く理由は人それぞれですが、子どもとの時間は今だけだと思うととても貴重です。後悔のないようにしてあげたいですね。

(ライター 沖田かへ)

 

【関連記事】

※ 子どもは成長障害・大人は心筋梗塞に!?「不眠」がもたらす健康被害とは

※ 世の女性から反感「イクメンアピールが鼻につく男性の特徴」1位は

※ 子どもに使うことのある薬だからママ知っておいて!「ステロイド剤」3つの誤解

 

【Specialコンテンツ(PR)

元おニャン子メンバ-も絶賛!飲ませてよかった「成長促進ドリンク」とは

※ ママ友に「オバ顔」認定される顔の特徴!2位はたるみ、1位は○○

 

【画像】

※ hanack / PIXTA(ピクスタ)

tagタグ一覧