子供が寝なくてイライラ!ママのストレスを軽減する…困ったときの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Stressed business woman, pulling her hair out, orange background

子供がなかなか寝ないためにイライラしてしまうママも多いのではないでしょうか。育児や家事、仕事で疲れているのに、これが毎日続いてしまうとストレスがどんどん溜まって正直、育児が嫌になってしまいますよね?

今回はそんなママのために、簡単にできる“快適な睡眠を促す生活習慣”や“子供の睡眠リズム”についてお伝えします。今日から実践して、子供・ママともに快適な眠りを手に入れちゃいましょう!

 

■子供が夜寝ない原因

One year old baby crying in bed

子供がなかなか寝ないために困っているママ、こんなNG行為をしていませんか?

(1)寝る直前にお風呂に入れている

(2)毎晩違う時間に寝かしつけをしている

(3)少しでも声がしたら抱っこをしてしまう

これらのちょっとした日々の生活習慣が寝ない子供にしているのかもしれません。まずは毎日の行動を見直し、なぜ自分の子供が寝ないのかを考えてみるところから始めましょう。

 

■夜グッスリ寝させる為にはどうしたらよいか

Smiling mother hugging her adorable baby in bed at night

お昼寝の時間を長すぎないようにしたり、お風呂に入る時間や夕飯の時間を早めにしたりするなど、実はちょっとした工夫で、なかなか寝ない子供をグッスリ眠らせることができるんです。まずは普段の生活リズムを見直し、できることからチャレンジしてみましょう。

 

■あーイライラ! とにかく寝ない時の対処法

Tired mother got asleep next to baby's crib

子供がなかなか寝ないとママもイライラしてしまいますよね。そんなイライラが子供にも伝わり、また子供もぐずり始めてしまうことも。そんなときにおすすめのテクニックや、生活リズムをご紹介します。

すぐに実践できる“ちょっとした工夫”で、もっと快適に寝かしつけをしちゃいましょう!

(1)夜寝るときには部屋を暗くする

子供が起きてしまったときに不安にさせないようにと、部屋を少し明るいままにして寝かしつけていませんか? 明るい光は、脳を活動中と勘違いさせてしまい、なかなか寝つけません。だんだんと部屋を暗くして、子供の体を睡眠モードへと導いてあげましょう。

(2)眠る前にテレビを見せない

眠る前にテレビを見ることによって、脳が興奮して眠りにくくなってしまいます。また、スマホやゲームも眠る前に触らせるのは控えましょう。液晶が発するブルーライトが快適な睡眠を阻害してしまいます。

(3)入浴は寝る2時間前までに済ませる

体温が上がるとなかなか眠りにつきにくくなってしまうため、寝る直前の入浴はなるべく避けましょう。お風呂の時間は夕飯前がおすすめです。時間を決めることによって生活リズムが整えられ、より眠りやすくなるという効果もあるようです。

(4)夕飯は午後7時までに済ませる

眠る直前の食事は胃を活性化させてしまい、寝つきの悪さを引き起こしてしまいます。子供に合わせて早めに食事をとることはなかなか難しいですが、子供が小さいころはなるべく子供のリズムに合わせてあげることが大切です。

夕飯、入浴は寝る2時間前までには済ませられるようにリズムを作ってあげましょうね。

(5)お昼寝は長すぎないように

グッスリと気持ちよさそうにお昼寝をしている子供を起こすのは忍びないものです。しかし、夜に熟睡してもらうためには長すぎるお昼寝もNG! また、夜に自然と眠気がやってくるように、お昼寝は午後の3時くらいまでにしましょう。

(6)朝日を浴びる

太陽の光を浴びることは、時差ボケ解消にもなるといわれます。朝、起きたらすぐに朝日を浴びて子供と一緒に朝ごはんをとりましょう。体内時計がきちんと保たれて、夜にすっきり寝られるようになりますよ。

(7)アプリを使ってみる

やっと寝たと思ったら夜中に起きてしまい、ふたたび寝させるのが難しいこともありますよね。ぐずり始めれば、より一層ママの負担が増してしまいます。そんなときに上手に使って欲しいのがスマホアプリなんです。

“ガラガラ”をスマホで再現した『baby rattle bab bab』や子供が好きな音がそろった『SmiRing~赤ちゃん泣き止み音~』、泣くシチュエーションによって音を使い分ける『ララベビー』など、子供のぐずりを落ち着かせることができるアプリがたくさんあります。上手に活用して、負担を減らしましょう。

 

■1歳、2歳の子供はなかなか寝なくて当たり前

Beautiful elderly woman portrait.

実は1歳から2歳の子供の睡眠サイクルは大人よりもとても短いのです。つまり“大人よりも睡眠が浅い”ということ。赤ちゃんの睡眠サイクルは、2歳までは40分~60分くらいといわれています。

ですから、“子供がなかなか寝ない”こと自体をママが心配してストレスを溜める必要はないのです。自然のサイクルだと思って、「寝なくて当たり前」ぐらいに構えましょう。

 

夜になかなか寝ない子供に困っているママは、まずは子供の睡眠サイクルについて知り、簡単にできる生活習慣から取り入れてみましょう。子供はいつまでも小さいままではありませんから、寝かしつけの苦労も数年だけと割り切ってしまうことも、ストレスを溜めないために必要ですよ。

 

【関連記事】

※ イライラのママには超簡単ストレッチ!心も体も若返る効果3つ

※ 学力や成長にも影響する「子どものいびき」を見過ごさないで!

※ トイレの中でやりがちな「どんどん貧乏になる人」のクセ4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ あの人、キレイ!「いつまでも美しいママ」がやってるスキンケアって

※ NHKでも紹介された!子どもの伸長をぐんぐんサポートするサプリとは