ヤベッお客来ちゃう!ココを整理すれば「片付いた家にみえる」空間4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

pixta_6850957_s「もうちょっと広ければイイのに……」と思いつつ、家の中が雑然としていると気分までイラつきがちになりますよね。

スッキリ広々としたお部屋をキープするためには、間取りに合った家具を置くことがベターなのですが、家具を買い換えるのはお金がかかりますし、選定から設置まで、手間もかかります。

ならば、人目に付く場所だけでもスッキリ空間にして“整っている家”を目指しませんか?

今回は宅地建物取引士有資格者の筆者が、スッキリとした家に見せるために“来客前には最低限整えておくべき空間”4つをご紹介していきましょう。

 

■1:玄関は、“引き算インテリア”でスッキリ見せ

来訪者があった際に、絶対に目に入る場所は“玄関”。リビングに通すにしても玄関先で用事を終えるにしても、必ず目につく場所ですよね。

靴が散乱していたり、枯れた花が活けてあったりするのはご法度。さらに、ゴチャゴチャと雑貨類を飾りすぎているのも“片付いていない”印象を与えるのでNGです。

スッキリ空間に見せるためには、“引き算”のインテリアも重要。

特に玄関は、スッキリしていればいるほど「この家、キレイにしているなぁ」という印象を与えるので、ゴチャつくぐらいなら、むしろ殺風景な方が好印象なんです。

 

■2:キッチンは、小物、洗い物の出しっぱなしをやめるだけ

キッチンが汚れていると、だらしないイメージや不潔な印象を与えます。

「自分以外は入らない場所だし、別にいいでしょ」と、片付けがおろそかになる人もいるかもしれませんが、ふと目を向けた先のキッチンにモノが溢れていると雑然とした印象を持たれてしまいます。

特に水切りかごに洗い物が置きっぱなしになっていたり、カウンターに食べかけのお菓子が置いてあったりすると、片付いていない印象が強くなります。

これらのアイテムは、棚の中にしまうなどして見た目にスッキリを演出すると、キレイな家という印象が強くなります。

 

■3:トイレは、散らかさずスッキリと

お客様も使う機会が多いトイレは、スッキリさせておくとイメージアップが図れる場所。

たとえばリビングがキレイに片付いてい好印象だったお宅でも、借りたトイレが散らかっていると、「実は、片付けベタなんじゃないの!?」という疑惑をもたれやすくなるのです。

トイレは一人きりになる空間だからこそ、細かいところに目が行きます。リビングを整えるよりもトイレを美しくしておくほうが、“キレイな家”のイメージは高まります。

 

■4:床よりテーブルの上をスッキリとさせる

リビングやダイニングに置いてあるテーブルの上にモノが多いと、それだけで雑然とした印象に。

床の上に子どものおもちゃが散らかっていようが、テーブルの上がスッキリしているだけで“整えている家”というイメージが強くなります。

お茶を出したりランチを食べたりするスペースだからこそ、テーブルの上をスッキリさせておくとイメージが変わります。

リビング全体の片付けに手が回らないときには、まずはテーブルの上をスッキリさせてみて。

 

いかがでしょうか?

客人からスッキリした家だと思ってもらうには、寝室やクローゼットの中など客人の目につきにくい部分は後回しにしてもOK。

それよりも、人目につきやすい場所のスッキリ空間を目指しましょう。

これらの場所を最低限整えておくだけで、「ステキな家!」と思ってもらえる可能性もアップしますよ。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ メリットしかない!節約&出し入れが楽になる「冷蔵庫」の整理整頓のしかた

※ 便座のフタは閉めるべし!お金が逃げていくトイレの特徴5つ

※ ピカピカどころか!逆に車を傷めることにもなる「NG洗車」3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

 

【姉妹サイト】

※ 4位はなんと…ムダ毛処理!「彼氏の家のトイレ」でこっそりする1位は

 

【画像】

※ taka / PIXTA(ピクスタ)