大人になっても親や妻の手を煩わせる「ダメ夫」への効果的な接し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

先日、俳優・ベンガルさんの息子さんが、偽装結婚の容疑で逮捕されるという事件が起きました。

この他にも今年を思い返すと、高畑淳子さんの息子で俳優の高畑裕太さんが強姦致傷の容疑で逮捕され、示談交渉の末に一千万円を超える和解金で解決をしたというニュースも取り沙汰されていましたね。

このように、芸能界で起こる子どもの不祥事は、親の監督不行き届きと言われて責任を問われるケースが少なくありません。

また、高知東生氏の事件により高島礼子さんが離婚まで決意したように、夫の浅はかな行動により、妻が予想以上のトラブルに巻き込まれるケースもあります。

しかし、こういったダメ男が、親や妻を巻き込む事件は、実は他人事ではないのです。

そこで今回は、夫婦・親子問題に詳しい特定非営利活動法人『日本結婚教育カウンセラー協会』代表理事、『夫婦問題カウンセリングルーム マミーズハート』代表の棚橋美枝子氏に、大人になっても妻や親の手を煩わせる“ダメ夫の特徴と対策”を伺いました。

もしも、あなたの大切なご主人がとんでもないトラブルを抱えていたとしたら……あなたはどうしますか?

 

■ダメ夫の特徴1:気持ちを素直に言葉で伝えられない

棚橋さん:「ご夫婦間の相談をお受けする中で、どうしてこうなってしまったのか? と声が出そうになるような幼い夫に悩む妻からの相談が多く、特に、“切れる、すねる、口をきかない、家の中でもLINEやメールでのやりとり”といった様に、感情を伝えられない夫が多い」

 

■ダメ夫の特徴2:見て見ぬ振りをする母親、それに甘える息子

棚橋さん:「義母へ夫のことを相談すると、“あの子、小さい頃からそうだったよ。心配しすぎやわ~”と。あなたもこの一言で一蹴された経験をお持ちではありませんか? この一言にすべての問題点が含まれている」

どうも特徴1“気持ちを素直に言葉にできない”の背景には、“夫と母親の密接度”が関係するようです。つまり、幼少期にどのように息子に接していたかが夫の現在のあり方に繋がるというのです。

棚橋さん:「ダメ夫に共通するのは、意思の疎通が取れない、取ろうとしない、相手がわかってくれるという思い込み。これらは、幼少期からの母親の密接度=甘やかしによる影響が大きいですね。

男の子は3歳くらいから性欲があり、その先にあるのは“母親への思い”です。今は、母親が強くなり、父親の影が薄くなりつつあることで、マザコン男子に移行させる要因になっているのかもしれないです」

 

■夫と男児の子育ての秘訣は同じ

かといって、母親同様に夫をこれ以上甘やかすわけにはいきませんよね。そこで、どう対処すればいいか、棚橋さんにお聞きしました。

棚橋さん: 「大切なのはご主人のペースに振り回されないこと。 母性を求めてきても父性で接するといいですね。 男性のように社会性を、客観性をもって接し、違う意味で育てること」

とアドバイスを頂きました。そして、

棚橋さん:「自分の中にある父性、母性を意識してパートナーに関わることは、子育てにも使えるんです。将来、大切な息子さんをダメ夫にしないためにも、今のうちにお子さんへも実践してみてくださいね」

 

いかがでしたか?

自分の夫をダメ夫にしてしまうのも、息子を将来ダメ夫に成長させてしまうのも、あなたの接し方次第。可愛いからと甘やかすと、それが原因でダメ度合が加速してしまうことになるかもしれません。

夫とお子さんを一人前の頼りがいのある男にするためには、あなたの父性と母性の使い分けが大きく影響することを覚えておいてください。つまりは、“飴と鞭”で上手に育てていくことが大事なようですね。

(ライター 今野裕幸)

 

【取材協力】

※ 棚橋美枝子・・・2011年に夫婦問題相談所を奈良県に開設。看護師や医療系カウンセラーとして得た豊富な臨床での経験や、人間を生理学的、心理学的、社会学的にとらえた知識から説く「結婚教育メソッド」を求める相談者は宮城県から沖縄県まで全国に広がり常に予約が取れない状況に。2013年にはNPO法人日本結婚教育協会を設立。個別相談30,000件の現場から得た経験と知識をもとに整理された「婚育100年プロジェクト®」は、結婚教育を人間の幼少期から高齢期まで大きく9期に分けてプログラム化。その柱をベースに学ぶ結婚教育講座卒業生は全国で結婚教育カウンセラーとして活躍中。「棚橋美枝子公式ホームページ」。

 

【関連記事】

※ 「いい夫婦の日」妻の結婚満足度が高い県ランキング…東京は何位?

※ え…マジで!? 2位1日1時間「夫婦が2人で過ごす時間」驚愕の1位は

4位太った「レスの引き金になった妻の行動」夫のヤル気を喪失させた1位は?

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

 

【姉妹サイト】

※ 「いい夫婦」ほど高頻度!? 夫に優しくなれる…夫婦仲に効くたったひとつの秘訣

 

【画像】

※ wavebreakmedia / PIXTA(ピクスタ)

tagタグ一覧