それだけ!? 増えてしまった体重を「たった1週間」で元に戻す方法4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

これから年末にかけて、クリスマスや忘年会、お正月に新年会と予定がいっぱいの方も多いのではないでしょうか?

でも、イベントがどんどん続くと、どうしても避けられないのが食べ過ぎや飲み過ぎ。飲み食いしている間は楽しくても、気付いたら洋服がきつい、体重が増えたなんて悲劇が起こる可能性も……!

せっかくの楽しいイベントも、体重増加の思い出しか残らなかったら悲しいですよね。しかし、増えたお肉はさっさと落としてしまわないと、どんどん積み重なって取り返しのつかないことになってしまい兼ねません。

そこで今回は『WooRis』の過去記事と海外情報サイト『Health』を参考に、“増えてしまった体重をわずか1週間で元に戻す方法4つ”をご紹介します。

 

■1:立って仕事をする

ちょっと太ったな……と思ったら、座っている時間を減らしてなるべく立っているようにしましょう。

読書をする、PCで仕事をする、テレビを見るなどなんでも構いません。座っていなくてもできるものならば、できるだけ立ってやってみてください。

座っているときよりも立っているときのほうが、1時間あたり40キロカロリーほど多くカロリーを消費できるというのです。これをちょっと続けているだけで、アッと言う間に、体重は元に戻ります。

これだけで痩せるのであれば試してみない手はないですよね。

 

■2:ダークチョコレートを選ぶ

太ったからといって、いきなり甘いものはやめられないという人もいますよね。そんな人はいつも食べているミルクチョコレートを、少量のダークチョコレートに変えてみましょう。

カロリーを抑えることができるのはもちろんですが、血圧を下げたり気分を上げてくれたりと嬉しいおまけが付いてきますよ。

 

■3:ベビーカーを押して散歩する

まだ小さいお子さんがいる人は、ぜひベビーカーにお子さんを乗せて一緒に出かけてみてください。

公園でもお買い物でもなんでもいいのです。1時間ベビーカーを押しながら散歩するだけで、およそ180キロカロリーも消費できるのです。

子どもと家にいるより楽しいですし、家にいておやつをつまむ心配もないので一石二鳥です。ぜひ、体温調節ができる暖かい格好をしてお出かけください。だんだんと体も温かくなってくるはずですよ。

 

■4:自炊する

外食は、美味しいけれど胃腸が疲れるうえ、どうしても摂取カロリーが高くなってしまいます。

ダイエット中に外食をするのはなかなか難しいので、ぜひ自炊をしてヘルシーメニューを考えましょう。

しかも、キッチンで約1時間、立って料理をするだけで約180キロカロリーも消費できるのですから一挙両得ですね。

 

以上、“増えてしまった体重をわずか1週間で元に戻す方法4つ”をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。どれも簡単なことですが、チリも積もれば、かなりのカロリーを消費できるのです。

せっかくのパーティーシーズンです。我慢することなく美味しいものを食べ、思いっきり楽しみたいですよね。そのためには、生活習慣の中にちょっとした工夫を重ねてください。

楽しんだあとは、賢く体重を落としてなるべく早く元の姿に戻りましょう。実はこれが、パーティーシーズンを心から楽しむ秘訣でもあるんですよ!

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 飲み会続き・ダイエット中…シチュエーション別「不足しやすい栄養素」

※ 海苔や緑茶で冬太り予防!「脂肪の燃焼を助けてくれる食品」6つ

※ 毎日3分だけ!「ぽっこりお腹と猫背」両方に効くプランクポーズとは

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ ママ友に「オバ顔」認定される顔の特徴!2位はたるみ、1位は○○

 

【参考】

※ 32 Ways to Reverse Holiday Weight Gain in 1 Week – Health

 

【画像】

※ zak / PIXTA(ピクスタ)

tagタグ一覧