ヤバ…お金がない!あと1ヶ月で「年末年始の資金を貯める」緊急対策10個

by 相馬佳 |

お金, , ,

ヤバ…お金がない!あと1ヶ月で「年末年始の資金を貯める」緊急対策10個早いもので、今年ももう年末です! これからの季節はクリスマスや年末年始の行事がたくさんあり、お金がどんどん出ていくばかりに……。

年末にボーナス支給がある会社が多いので浮かれてしまいがちですが、毎月の基本的な収入は変わらないのが実情。楽しい年末年始の懐をホクホクで過ごすためには、残り約1ヶ月でお金を節約するしかありません!

そこで今回は、年末年始までに少しでもお金を節約する家計術と貯蓄のアイデア10個を、海外の家計情報サイト『America Saves』の記事や『WooRis』の過去記事を参考にご紹介しましょう!

 

■1:必要なお金は先に確保しておく

「年末年始まで○○円必要……」というように金額が決まっている場合、逆にそのお金を最初から先取りで別に保管しておき、残ったお金でやり繰りする工夫をしましょう。

最初からないものと思っていれば何とかなるものです!

 

■2:食事のメニューを決め、必要なもの以外買わない

どうしてもお金が入用なとき、まず節約の工夫をしたいのが“食費”。

『WooRis』の過去記事「-50%なんと食費が半分に!誰でも出来る“超簡単な節約ルール”5つ」でもお伝えしたように、食費節約の第一歩は、まず夕食のメニューを1~2週間分まとめて決めて、必要な食材だけをまとめ買いすること。

ちょこちょこスーパーに行くとつい浪費してしまうので、この方法はオススメです!

 

■3:使わない電化製品のプラグを抜く

プラグを抜かないと電気が少しずつ使われ、光熱費が高くなりますので、使っていないプラグは抜くようにしましょう。

家計の節約としては大きな金額にはならないかもしれませんが、資源の節約になって地球に優しいと思えば、こまめにやるモチベーションアップになるかも……。

 

■4:コーヒー(飲み物)は自宅か会社で飲む

「そんなに使ってないのに……」と思いつつも案外かさんでいるのが、毎日のようにチェーン店で買うコーヒーなどの飲み物。1日500円分使っているとしたら、20日で1万円に……!

せめてこの一か月間は馴染みの店に足を運ぶのをやめ、家や会社で飲めるもので代用して、使わなかった分は貯金箱行きにして“なかったこと貯金”をしましょう。

 

■5:嗜好品を見直す

お酒やタバコ、コンビニで買うスイーツや雑誌など、必要なわけではない嗜好品に毎月結構な額のお金を使っていませんか?

節約してお金を貯めたいなら、削るべきはまさに、この費用です。カットした分は、やはり“なかったこと貯金”として貯めましょう。

 

■6:ひたすら自炊に励む

ランチに1日1,000円使っていたら20日で2万円。その分を貯めるだけでも、年末年始のお出かけ用やプレゼント費用などに使えそうです。

それにお弁当を作れば、健康にもダイエットにも効果がありそう! 食べ過ぎ飲み過ぎになりがちな年末年始には、ランチでお腹の調整をしませんか? この時期にうってつけの節約方法です。

 

■7:携帯のプランを見直す

毎月何気なく使い続け、料金が引き落とされている携帯やスマホ。しかし、自分が使っていない機能でお金をムダに払っている場合も考えられます。

家族と共に今よりお得なプランを探して加入しなおせば、一時的な節約ではなく、毎月、確実に節約できる金額になる可能性もありますよ。

 

■8:パーティーは“ポットラック”で

お金がなくて出かけられないと「なんで私だけ……」と惨めな気分になるときも。そんなときは、自宅でリーズナブルなパーティーを開いてしまいましょう!

自分で全て料理を用意するとお金も時間もかかりすぎる自宅パーティですが、お金を節約するには、アメリカで頻繁に行われる、各自料理を持参する“ポットラックパーティー”がオススメ。いわゆる持ち寄り制のパーティですね。

せっかくの年末年始なので、楽しく安く盛り上がれたら最高です。

 

■9:部屋を暖かくしすぎない

寒い季節は暖房をガンガンつけてしまいがち。でも、部屋が十分に温まったのにエアコンやファンヒーターの温度をそのままにしていませんか? 暖房フル回転では、電気や灯油の無駄使いになってしまいます。

また、『WooRis』の過去記事「海苔や緑茶で冬太り予防!“脂肪の燃焼を助けてくれる食品”6つ」でお伝えしたように、部屋の温度を低めにすることで褐色脂肪が増え、ダイエットにもなって一石二鳥! 冬太りを防げるなら、がぜんやる気が出てきます。

 

■10:財布の小銭を貯金箱へ

お財布にどんどん溜まっていく小銭。買い物の時に端数が支払えて便利なのですが、「お財布が重くなるから邪魔だわ」と思う方も多いかもしれません。

財布に小銭があることに気づいたら全部貯金箱へ! 端数は“なかったこと”にしてみましょう。すると、1ヶ月でも結構な金額が貯まっているもの。

そうして貯めた分は月末に専用口座へ入れてしまいましょう。これも“なかったこと貯金”の一つと言えますね。塵も積もれば山となる、です!

 

以上、何かとお金がかかる年末年始に向けて今から節約をするための秘訣10個をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

一つ一つで節約できる金額は少なくても、塵も積もれば結構な金額になるもの。これを機に、普段から余計な出費を節約する習慣を作り、もっと有意義なことに使うお金を貯めたいですね!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 墓地・仏壇…相続しても税金がかからない「非課税財産」って知ってる?

※ ウワッ…面倒臭そう!敬遠しがちだけど「実は使える」節約食材3つ

※ ガソリン代がかさむ!「どんどん燃費が悪くなる」NG運転テク5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ あの人、キレイ!「いつまでも美しいママ」がやってるスキンケアって

※ NHKでも紹介された!子どもの伸長をぐんぐんサポートするサプリとは

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

 

【姉妹サイト】

※ 貯金が苦手な人に朗報!「ガマン不要の節約テクニック」3選

 

【参考】

54 Ways to Save Money – America Saves

 

【画像】

※  areeya_ann / PIXTA(ピクスタ)