デキる妻なら押さえておきたい! 差がつくお歳暮選びとは

by 沖田かへ |

生活,

PR

pixta_14417008_m

もうそろそろお歳暮のシーズン。近年はお歳暮を贈らないという人も増えているようですが、やはり、お世話になった旦那様の職場の方や親戚への感謝の気持ちは大切です。心配りひとつでコミュニケーションも円滑になるもの。

しかし大切な行事だとは分かっていても、考えつくお歳暮はもうすべて贈ってしまって、毎年この季節が面倒くさい……なんてちょっとした不満を抱えている方も多いのでは?

今回は、そんなお歳暮のレパートリーを使い切ってしまった主婦の皆さんにピッタリのギフトをご紹介します!

 

■お歳暮を贈る際の基本をおさらい!

お歳暮は相手に喜ばれるものを選ぶことはもちろん大切ですが、旦那さんと贈る相手の関係性を考え、十分に配慮がなされた贈り方をするのも同じように大切です。

(1) 贈るタイミング

お歳暮は、贈るものももちろん大切ですが、贈るタイミングもとっても大切。
本来、お歳暮はお正月の準備を始める12月13日~20日とされており、到着が25日を過ぎてしまうと新年を迎える準備で忙しくなり、迷惑をかけてしまうことになりかねません。
逆に早い分には問題はなく、近年では12月初旬頃から送ることも珍しくなくなっています。

(2) 贈る相手

ビジネスにおいては贈る相手との間柄によって予算を考えることも重要です。

例えば上司や取引先であれば5,000円前後、特別にお世話になった方であれば5,000~10,000円程度のものが妥当だといえるでしょう。

もちろん、相手が喪中の場合、包装には通常の”紅白のし”は避け、無地にてしてもらうなどの配慮もお忘れなく。

できる主婦の腕の見せどころですよ!

 

■定番に新しい風を入れるのが、“気の利いた贈り物

せっかく贈るのであれば、相手に心から喜ばれるものを贈りたいところ。
とはいえ、何が喜ばれるか判断するのが難しいですよね。

WooRisの過去記事『妻力が試される!相手に喜ばれる「イマドキのお歳暮」が判明』によれば、やはり人気はビールのよう。

その中でもとりわけ喜ばれるのが、“特別感”のあるビールだそう。

定番の銘柄も魅力的ですが、普段とはちょっと違うビールを贈ってみても良さそうですね!

 

■日本各地をイメージした個性豊かな味わいが楽しめる!『47都道府県の一番搾り』

pixta_21420403_s

近年「ご当地○○」と、食の世界でもいろいろと注目されているご当地コンセプト。
これがビールでも楽しめるって、知ってました?

キリンビールでは「地元の誇りを、おいしさに変えて」をスローガンに、それぞれの地域の魅力を表現した「一番搾り」を作るため、地元の人々と協力。

47都道府県それぞれの、その土地の人柄や食文化、時代背景を地元の方が語り合い、地元愛を感じることのできる製品コンセプトに練り上げ、それぞれの味わいを持ったビールをキリンビールが製造しているのです。

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%b3%e6%a7%981

どの土地をコンセプトとしたビールも一番搾りの製法はそのまま。

麦芽を砕き、糖化して作った“もろみ”から最初に流れ出る“一番搾り麦汁”だけを贅沢に使用しています。

一般的にビールでは、二番搾り麦汁も使用することが多いのですが、“一番搾り”では、麦のおいしいところだけが丁寧に引き出され、上質な味わいになります。

 

■お歳暮には、厳選!『一番搾り 地元うまれシリーズ アソートセット』

k-nji3_1602171

お歳暮に最適なのが、47都道府県の一番搾りから、キリンのビール工場9地点の一番搾りをセットにした『一番搾り 地元うまれシリーズ アソートセット』です。

本来であれば販売地域が限定されているためなかなか飲む機会のない各地をイメージした一番搾りですが、この飲み比べセットでは北海道、宮城、茨城、神奈川、愛知、滋賀、兵庫、岡山、福岡の一番搾りがセットに。各地の個性をお楽しみいただけます。

たとえば、

・仙台づくり…県産のササニシキと東北産ホップを活かし、すっきりとした仕上がりに

・名古屋づくり…名古屋の濃い味に負けない、味と色の濃いビールをとことん追求

など、筆者も“本当に各工場によって違うの?”と半信半疑で実際に飲み比べをさせてもらいましたが、本当にそれぞれ味も色も違って驚かされました。

ちなみに筆者が気に入ったのは、岡山づくり。お酒にあまり強くない私でも、すっきりとした上品な味わいに飲まされました!

詳しくみてみる!

■あなたのこだわりを贈るなら

贈り物はこちらの心を伝え、相手に喜んでもらえてこそ本来の意味合いがあります。

一番搾り 地元うまれシリーズ アソートセット』は、その意味合いにこだわった人だけが見つけられる、最適な贈り物と言えるのではないでしょうか。

きっと贈られた側は、各地の味の違いに驚きながら、好みに合う一番搾りの話題で花を咲かせてくれるでしょうね!

 

【参考】
47都道府県の一番搾り –キリンビール
一番搾り 地元うまれシリーズ アソートセット –キリンビール

Sponsored by キリンビール