生理痛が段々ひどくなってきたら要注意!「子宮内膜症」の症状と治療法

by 川口沙織 |

健康・病気, , ,

生理中はどんな気分で過ごしていますか? “ブルーデイ”といわれる時期だけに、痛みや不快感があって、ゆううつな気分で過ごしている方もいるでしょう。

月経関連の症状がつらいとき、生理痛があるとき、婦人科のお医者さんに相談したことはありますか? ほぼ毎月かなりつらい、痛い、という方は、もしかしたら何か他の原因があるかもしれません。

そんな生理痛を起こす病気はさまざまありますが、中でも子宮内膜症は、20~30代の女性で増えている病気だといいます。放置すれば進行し、不妊の原因になることもあるので注意が必要です。

今回は、バイエル薬品が運営するサイト『生理のミカタ』や同社主催イベントなどの内容を参考に、子宮内膜症の注意点についてお伝えします。

 

■子宮内膜症ってどんな病気

子宮の内側を覆う粘膜を子宮内膜といいますが、この子宮内膜によく似た組織が子宮以外の場所に発生し、増殖していく病気が“子宮内膜症”です。

子宮内膜症にかかると、多くの方に生理痛がおこります。そして、進行するほど生理痛が強くなることがあります。

また、生理痛以外に、吐き気や嘔吐、下痢などの消化器症状、腰痛、性交痛、排尿痛、過多月経や不正出血といった症状があらわれる場合もあります。

 

■生理痛が強くなってきたら要注意

子宮内膜症は、20代、30代の女性に増加しています。女性のライフスタイルの変化で、晩婚化、晩産化が進んだことが増加の原因ともいわれています。

子宮筋腫や子宮腺筋症など、他の子宮の病気は30代以降に発症することが多いですが、子宮内膜症は20代という比較的若い時期から発症することが多いのが特徴。そして徐々に進行します。

20代といえば、これから結婚や出産を考えようという世代ですが、子宮内膜症になると、妊娠しにくくなり、不妊となるケースも少なくないそうです。それだけに、注意が必要です。

子宮内膜症は進行する病気なので、進行に伴って生理痛が強くなるということがあります。

あるときから生理痛が強くなり、だんだん生理痛がひどくなってきたという場合は、子宮内膜症が原因の生理痛かもしれません。

気になる方は、できるだけ早めに婦人科の受診をなさってください。

 

■治療法はさまざま

子宮内膜症の治療法には、次のようなものがあります。

<薬物療法>

・対症療法…薬で生理痛等の症状をコントロールする

・ホルモン療法…薬でエストロゲンの分泌を抑える

<手術療法>

・保存的手術…病巣だけを取り除く手術

・準根治手術…子宮と病巣のある卵巣を取り除く手術

・根治手術…子宮と卵巣をすべて摘出する手術

治療法は、年齢や症状の程度、出産の希望、病巣の範囲などを考えて選ばれます。子宮内膜症は、ガンなどとは違う良性の疾患ですが、かなり進行してしまうと、大きな手術が必要になることもあります。

早期に発見して早めに治療を始めたほうがいい病気です。気になる症状がある方は、生理痛をがまんせずに、婦人科のお医者さんを受診なさってくださいね。

 

いかがでしたか?

「生理痛はがまんするものだ」と思っていたり、婦人科に苦手意識を持っていたりすると、つい受診を先延ばしにしてしまいがちかもしれません。

また「もし子宮内膜症だったらどうしよう」と思って、怖くて受診できない方もいるかもしれませんね。

ですが、もし子宮内膜症だったとしても、早めに発見できれば、治療法の選択肢が多くなります。心身への負担も少なくて済みますから、気になる方は、まずはお医者さんに相談してみてくださいね。

(ライター 川口沙織)

 

【関連記事】

※ 「慢性的な便秘を克服した習慣」1位は定番の食べ物じゃなく意外な行動

※ 便秘にチョコ!? 「高カカオチョコレートがオススメ」な驚きの理由

※ 体重管理の他には?「アルツハイマーを予防する」簡単にできる3つの習慣

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

 

【参考】

生理のミカタ – バイエル薬品

 

【画像】

※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)