あなたは「愛され妻or捨てられ妻?」それが一発で分かる質問

by 中田綾美 |

人間関係, , ,

「ごめん、好きな女性ができたから別れてくれ……」。浮気はただでさえ許されないもの。ましてや、カラダだけの関係で済まずに、夫の心まで愛人に奪われるなんて耐えがたい苦しみですよね。

『WooRis』の過去記事「“ゲス不倫”だって他人事じゃない!出世した夫に捨てられる妻3タイプ」では、夫に捨てられやすい妻のタイプをご紹介しました。

引き続き、婚活アドバイザーである大西明美さんの著書『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』を参考に、あなたが“愛され妻”か“捨てられ妻”かを一発判定する質問をお届けしたいと思います。

 

■夫がピンチを迎えたらあなたはどう反応する!?

「もしかしたら大幅に年収が下がるかもしれない」

そう夫から告げられたら、あなたはどう反応しますか?

(1)「私たちの生活はどうなるの?」と動揺する

(2)「大丈夫よ、あなた」と夫を励ます

二者択一で選ぶとしたら、あなたはどちらが近いでしょうか?

 

■“妻vs.愛人”の勝敗をわけた一言

夫に捨てられやすいのは(1)「私たちの生活はどうなるの?」と動揺する妻。

実際、結婚生活15年目のE子さんは、「子どもの受験に影響しないようにしないとね」と答えたところ、その3年後に夫から別れを切り出されたといいます。

「もしかしたら大幅に年収が下がるかもしれない」。E子さんがそう告げられたのは、銀行マンの夫・M彦さんがメーカー中堅企業に経理部長として出向中の時期。

一概にはいえませんが、銀行マンにとって“出向”は“左遷”を意味することもあります。M彦さんは「なぜ自分が!?」と出向先でストレスフルな日々を送っていたようです。

そんなM彦さんにとって心の支えとなったのは、妻ではなく同じ職場の女性R美さん。朝早くから夜遅くまで仕事するM彦さんのすぐそばでR美さんがサポートするうちに、2人は恋愛関係に発展していったのです。

何よりもM彦さんの心をつかんだのは、R美さんの「部長なら大丈夫ですよ」という一言。

「もう銀行には戻れないのでは?」と不安なM彦さんにとって、R美さんは、妻よりも誰よりも自分を理解してくれるかけがえのない存在となったのです。

 

■落ち込んだ夫をV字回復させる妻の神フレーズ

M彦さんにとって、妻・E子さんの「子どもの受験に影響しないようにしないとね」という一言は、孤独を感じさせるものだったのでしょう。

「俺がこんなに辛いのに、子どものことばかり! 俺は家族にとって単なるATMなのか」。そう苦悶しているさなか、妻以外の女性が、“本当は妻から聞きたかった”一言をささやいたとしたら……? どんなに真面目な男性でも、心が浮ついてしまうのは想像にかたくありません。

もちろん、生活費や住宅ローン、子どもの学費のことなどを考えると、夫の年収ダウンが妻にとって不安なのは当然。ただ、停滞期に陥った夫にとって何よりも必要なのは、妻の励ましです。

「あなたなら大丈夫」、「私はいつでもあなたの味方だから」といったフレーズで、夫の気力のV字回復を応援しましょう。

年収ダウンに限らず、夫の仕事の愚痴など普段の出来事にも、これらの殺し文句はおすすめできます。

 

いかがでしたか? 実際になってみないとわからないこともありますが、不幸な出来事が起こってからでは冷静な対処が難しいこともあります。

あなたは夫が不遇のときにも夫を支え続けることができるでしょうか? 「健やかなるときも、病めるときも……」という結婚の誓いの言葉ではありませんが、ぜひご自分の胸に手をあてて考えてみてくださいね。

(ライター 中田綾美)

 

【関連記事】

※ もういいや!姑問題・金銭感覚…夫が「妻と理解し合うのを放棄した事」4つ

※ 「ぶっちゃけ俺の方がうまいし!」と夫が思う家事…屈辱的な1位は

※ だから愛想を尽かされる!?「結婚生活が長続きしない女性」のNG行動3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

 

【姉妹サイト】

※ ウチの夫はパーフェクト!「夫を家事男子にする」愛され妻の魔法の言葉

 

【参考】

大西明美(2016)『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』(プレジデント社)

大西明美(2016)『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』(プレジデント社)