正しい理解が大切!産婦人科医が語る「紙ナプキンと布ナプキン」の選択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

皆さんは毎月の月経のとき、紙ナプキンと布ナプキンのどちらを使っていますか?

どちらのナプキンにも特徴がありますが、こうしたナプキンについては、最近、ネットなどで信憑性が疑われるような情報や噂も流れているよう。怪しげな情報には注意が必要です。

今回は、昨年行われたバイエル薬品主催の勉強会『ヘルスリテラシーサミット2016~女性が輝くための月経マネジメント~』での、産婦人科医・医学博士の宋美玄先生のお話を参考に、月経用ナプキンに関する情報の正しいとらえ方についてお伝えします。

 

布ナプキンのメリットは?

月経のたびにナプキンで肌がかぶれてしまうお悩みのある方の中には、“布ナプキンにしたらかぶれなくなった!”という方もいるかもしれません。

赤ちゃんでも、布おむつならかぶれないが紙おむつだとかぶれる、ということがありますから、大人の女性でも、自分の肌には紙は合わないけれど布なら合う、という方もいるでしょう。

宋先生によれば、「こうした“紙ナプキンでかぶれる方”にとっては、布ナプキンが合うこともある」とのこと。これは布ナプキンのメリットといえます。

また、“布ナプキンをつけている方が快適”“月経の不快感や痛みが和らいで楽”などという声を聞いたこともあります。

宋先生によれば、実際のところ、こうした快適性や痛みに関しては、あくまで個人の感覚なので、“どちらが快適”といった単純比較はできないそうです。

たしかに、不快感が和らいだとしても、そのときの体調のせいなのか、ナプキンの違いによるものなのか、客観的な判断はできませんよね。ただ、不快な生理の時期を快適に過ごすのに、“布の方が自分には合っている”ということであれば、使うメリットがあるといえそうです。

 

トンデモ情報があるのも事実

ただし、宋先生によれば、布ナプキンに関して、医学的な根拠がない、明らかにおかしいと思われる情報も流れているのだそうです。

たとえば“布ナプキンを使うと経血量が減る”という情報。聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

宋先生によれば、「利用するナプキンの素材(紙か布か)の違いで経血量が変化する、減少するなどということは、あり得ない」とのこと。これは、根拠のない情報であるのだそうです。

また“ケミカルナプキン(紙ナプキン)を使うと、高分子ポリマーが経皮的に体内に入る”といった情報。これも聞いたことがある方はいるかと思います。

ですが、これも医学的に全く根拠のない情報であるとのこと。そもそも高分子ポリマーは分子量が大きいわけですから、「皮膚から体内に入ることはない」とのことです。

こうした情報のために、“経血量が多いのは紙ナプキンのせい?”“紙ナプキンの有害物質が体内に入ってしまったのでは?”などと不安になっている方もいるかもしれませんが、そうしたことはないそうです。紙ナプキンを使っている方も、まずはご安心ください。

tagタグ一覧