なぜ「おせち」って名前なの?知って自慢できる…おせちの雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

お正月に決まって食べるものといえば“おせち料理”。1年に一回だけの豪華料理を楽しみにしている方もいることと思います。

しかし、おせち料理に込められた意味をしっかり理解して食べているでしょうか?

そこで今回は、調理師資格保持者である筆者がおせち料理とはどういった料理なのか、料理別に込められた意味も含めご紹介していきます。

知ったかぶりで食べていては恥ずかしいカモ……? 日本人として知っておきたい常識をチェックしておきましょう。

 

■なぜ“おせち料理”というの?

おせち料理と呼ばれる理由として様々な説がありますが、一説によると、平安時代の風習といわれています。大切な節目の日に神様にお供えしていた料理である“御節供(おせちく)”が起源だそうです。

それが江戸時代になって一般的に食べられるようになったのですが、節目の中でも大切な日がお正月だったことによって、“お正月におせちを食べる”という風習へと変わっていったのです。

農耕民族である日本人は、はじめは豆など、手に入りやすいものをおせち料理に入れていましたが、次第にその土地の特産品を入れるようになっていきました。

段々と“海の幸”や“山の幸”もおせち料理に入るようになり、現代のおせち料理の基礎が出来たのです。

 

■“おせち料理”は“重箱”に詰めたほうが望ましいワケ

年末になるとショッピングモールやホームセンターなどでも“重箱”が販売され始めるように、“おせち料理”は“重箱”に入れるご家庭が多いことと思います。この、“おせち料理を重箱に詰めること”にはちゃんと意味があります。

長期の保存に対応するように……というのが、まず第一のメリットです。そもそも、古来は“料理を作る奥さんを休ませる”意味ではなく、“かまどを守ってくれている神様をお休みさせてあげる”意味があり、長期保存可能なおせち料理を用意するようになりました。

ラップやタッパーなど便利なものが無かった時代、重箱で外気に触れない状態にしておくことによって雑菌の繁殖を抑え、食材の乾燥を防ぎ長持ちさせていたのです。

また、“重箱の構造”からおめでたさが増えるというメリットもあります。何段にも重なった重箱は「福が重なる」「おめでたさが重なる」という意味が込められているので、ただのタッパーに詰めてしまうより縁起が良くなるのです。

黒塗りの重箱は見た目にも豪華で、客人が多いお正月にそのまま振る舞うことが出来るというのも大きなメリットといえるのではないでしょうか。最近は三段重が一般的になってきましたが、実は“正式には五段重”。

一~四段目には料理を詰めるのですが、最後の五段は神様から授かる福を保存するために“空けておく習わし”があるんですよ! もしも五段重をお持ちの方は、正式な方法で重箱を使ってみると良いかもしれませんね。

 

■お重の段ごとの代表的な意味

一番上のお重から順番に壱の重、弐の重、参の重、与の重、五の重といいます。どのお重に何を入れるべきなのか、込められた意味も一緒に覚えておくとGOODです!

(1)壱の重

開けたときに最初に見ることになる壱の重は、お正月らしさがいっぱいの料理を。その中でも、東日本では一般的に“数の子、田作り、黒豆”の3種類がお正月料理を代表する祝いの“三つ肴”とされています。西日本では“数の子、田作り、たたきごぼう”の3種類になるという違いがあります。

もちろん、東日本にお住いの方でも「我が家は関西式だ!」なんてこともあるかもしれませんね。多様性が楽しい壱の重の、料理別の意味を見ていきましょう!

・数の子

いわずと知れた、“子孫繁栄”の願いが込められています。“ニシンの子”ということで、「両親ともに元気で」という願いも込められています。

・田作り

イワシの佃煮ですが、もともと畑の肥料として用いられてきたこともあり“豊作”の願が込められています。

・黒豆

“まめに働く”という意味があり、「真面目に働き元気に暮らしていけるように」との願いが込められています。

・ごぼう

ごぼうは深く根をはります。それゆえに「運気が良いまま代々続きますように」という願いをたたきごぼうに込めているのです。

(2)弐の重

“海の幸”を中心に入れるのが一般的。基本的にここに入るのは“焼き海老”です。

・海老

焼いた際に“くの字型”に曲がる様子から「腰が曲がるまで元気でいられますように」との願いが込められています。

普段海老を焼く際に、クシを打って一直線に焼き上げることもありますが、お正月はあえて腰が曲がったくの字型の焼き海老を食べると良いでしょう。

・ブリ

代表的な出世魚であることから、「仕事がうまくいくように」との願いが。

・鯛

鯛はシャレになりますが「おめでたい」にかけられています。

(3)参の重

ここには“山の幸”がふんだんに使用された煮物が入ります。

・レンコン

穴の開いたレンコンは、穴から先が見えることから「見通しの良い生涯になりますように」という願いが込められています。

・里芋

里芋は、芋堀りをしたことのある方ならわかると思いますが子芋がたくさんつきます。そこから“子孫繁栄”を意味しているといわれています。

・くわい

子球がたくさんつくので“子孫繁栄”、そして芽が出ていることから“おめでたい”食材として重宝されています。

(4)与の重

四という数字は昔から曰くつきでしたので、“与”という漢字を用います。ここには、おせち料理の中でも特に保存の利く“酢の物”が入れられることが多いです。

有名な“紅白なます”は、紅白の色そのものが大変おめでたいとされています。ニンジンや大根は根菜であり、「深く根をはり安定した暮らしが出来るように」との願いが込められています。

(5)五の重

五段目のお重には、先ほど触れたように“神様から授かった福”をいっぱいに詰めるために、料理は何も入れないことが一般的です。

しかし、伊達巻や紅白かまぼこといった美味しい料理を入れる“壱の重”が間に合わなかった場合、“五の重”に詰めてしまうというご家庭もあることでしょう。

先人達の風習ですので、知ったうえで自分の家庭の好みや特徴を組み込んでいくのが望ましいですね。

 

いかがでしたか? 知れば知るほどありがたみの増す“おせち料理”。お正月の家族団らんや親族との交流に、ぜひ、お重に詰めたおせち料理を用意してみてはいかがでしょうか。

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ 冷蔵庫の製氷機掃除してる?「カビの温床になりがちな意外な場所」3箇所

※ もう書いた?年賀状を送る人の「出世・昇給が早い」驚きの理由とは

※ ゴマも常温保存NG?「冷蔵庫に入れた方がよい」意外な食品3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

tagタグ一覧