特別な場面でだけ使わせるのはNG!スマホ子育てが子どもに与える悪影響とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

泣き止ませる動画に、夜泣き防止の子守唄……最近は子育てに関するスマホアプリもたくさんあって、忙しいお母さんたちにとってスマホは、子育ての強い味方になっています。

スマホの子育てサポートが便利になればなるほど、子どもへの影響も気になりますよね。

そこで、今回は心理カウンセラーの玉川華代さんに子どもに悪影響を与える可能性のあるスマホ子育ての方法を教えてもらいました。

 

■悪影響1:スマホでの遊び時間が一番長い

「子どもは、遊びの中で、感覚(見る、聞く、においをかぐ、さわる、味わう)を育てています。スマホは、見る、聞くを伸ばすには適していますが、それ以外の感覚への刺激はあまり強くありません。

いろいろな感覚が敏感な子ども時代に、それぞれの感覚をバランスよく刺激してあげると、脳が活性化され、本人の才能を伸ばす下地になります。

ですので、スマホからでは得にくい感覚(においをかぐ、さわる、あじわう)を刺激する時間も、スマホをさわる時間と同じぐらいとってみてください」

確かにスマホでは味わえない刺激というのもたくさんありますよね。

たとえば、ブロックや、ぬいぐるみなど、さわったときに違う感覚がするものをそろえたり、いろいろな味のお菓子を食べるのも、オススメです。

スマホで遊ばせないのではなく、他の遊び方もバランスよく教えてあげることが重要なようです。

 

■悪影響2:毎回同じアプリや動画で機嫌をとる

「子どもは“おなかすいた”“ねむいよ”など、伝えたいことがあるときに、ぐずったり泣いたりします。

大人から見れば、同じようにぐずっているように見えても、子どもはその時々で、いろいろなメッセージを送っています。

そんな子どもからのメッセージに対し、毎回同じアプリや動画を見せてご機嫌をとってしまうと、コミュニケーション能力が育ちにくくなります」

大切なのは、子どもの状態に合わせて適切な対処をすることのようです。

「おなかすいた」「ねむい」と、子どもが何かを求めるたびに「はい、スマホよ」という対処を取ってしまうと、正しいコミュニケーションが学べません。

「おなかすいたー」に「ご飯だね」とミルクをもらったり、「ねむいよー」に「一緒に寝ようね」とベッドに連れて行ってもらったりする経験を通して、子どもは他人とコミュニケーションすることを学ぶのです。

 

■悪影響3:電車や病院など特別な場面でだけスマホを渡す

「電車の中や病院など、騒がないでほしいなという場面において、スマホは強い子守力を発揮します。

家庭の中では、あまり使わないお母さんも、外出先では周りの人の視線も気になり、ついつい長く使わせることも多いと思います。

家庭と外出先でのスマホの使い方が極端に違うと、子どもの中では“スマホは特別なおもちゃなんだ”という感覚が育っていきます」

こういう風に特別なおもちゃなんだと子どもが認識してしまうと、大人はメリハリをつけているつもりが、むしろスマホで遊びたい気持ちを強くしてしまい、過度にスマホを欲しがるようになってしまうそうです。

特別な時だけ使うのではなく、むしろ日常の中の遊びの一つとして、他のおもちゃと同じように使っていくのがいいそうです。

他のおもちゃと同じように、ほどよい距離感で使ってあげることで、子ども自身もスマホとの適度な距離感を身につけていきます。

 

いかがでしょうか? 大人も夢中になってしまうスマホは、ちゃんと使えばこれ以上ないくらいお母さんを助けてくれる心強い味方です。

スマホに関する子育てにはいろいろな意見がありますが、玉川さんは、「子育てで、どうスマホを使っているかどうかではなく、スマホを含めてどんなことを子育てでしているか」が大切だと言います。

便利なものがたくさんある世の中で、子どもや自分のためにどうやって子育てをするのが一番理想的なのかを考えてみるとよさそうですね。

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

※ 玉川華世・・・家族や友達との関係で、多くの傷つき体験を持ちながら、その傷つきに気がつかず大人になり「なぜこんなにも私の人生はうまくいかないのか」と疑問を持ったところから、心理学と出会い、現在は心理カウンセラーとして活動中。以前は恋愛専門だったが、職場の人間関係をうまくまわすコツ、企業の心をつかむ転職活動のやり方、子供の心を豊かにする接し方など、最近は、幅広いテーマを扱っている。『男と女の成長心理学』

 

【関連記事】

※ 伸びる子どものママはやってる!能力を伸ばす「褒め方・叱り方」

※ 得意になるどころか!むしろ「子どもを算数嫌いにさせている」学習法とは

※ 完璧な母親を目指す人ほど陥りがち!子どもを追い詰めるNG子育て4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

元おニャン子メンバ-も絶賛!飲ませてよかった「成長促進ドリンク」とは

※ ママ友に「オバ顔」認定される顔の特徴!2位はたるみ、1位は○○

tagタグ一覧