年末年始の長距離ドライブに!車の燃費をよくするための運転テク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

fotolia_76710027_subscription_monthly_m年末年始の帰省は、車、飛行機、新幹線、何を利用しますか? 子どもが小さいと着替えや荷物も多く、車での移動が便利ですよね。

ところが、年末年始は渋滞がひどく、少し進んでは止まっての繰り返し。なかなか自分のペースで運転ができず、燃費も悪くなってしまいがちに。

今回は、三井ダイレクト損保が「年末年始の長距離移動」と「エコドライブ」について、1,000名にアンケート調査をした結果をもとに、実家までガソリンがなくならないように、快適に帰省するコツをお伝えします。

 

■燃費をよくするために実践している運転ランキング

長距離になればエコドライブをしているかどうかで、燃費にかなりの差が出ます。そこで、日頃の運転で実践している、「燃費によい運転」を聞いてみました。

1位:発車時はアクセルをゆっくり踏む(66.4%)

2位:減速時はアクセルを早めに離す(54.8%)

3位:車間距離をとる(52.3%)

4位:無駄なアイドリングをやめる(44.4%)

発車や停車時に気を遣っている方が多いようです。ですが、帰省で渋滞に巻き込まれると、なかなか自分のペースで運転をするのも難しいですね。エコドライブをするなら、なるべく渋滞に巻き込まれないようすることが重要のようです。

3位の車間距離をとるというのは、渋滞緩和にも効果的なのだそうです。

 

■燃費をよくするためにこれから取り入れたい運転ランキング

運転の方法以外にも、これから取り入れたい「燃費によい運転」は次の通りでした。

1位:不要な荷物は下ろす(21.7%)

2位:タイヤの空気圧を点検・整備する(19.1%)

3位:無駄なアイドリングをやめる(17.4%)

4位:エアコンの使用を控える(15.7%)

燃費の良し悪しは、出発前の車の準備が影響するという意見が多いようです。とかく荷物が多くなりがちな帰省に備えて、まだ余裕がある今のうちに車の中も外も見直しましょう。

 

■今年はこの日が渋滞する!?

高速道路で燃費によいといわれているスピードは、一般的に80km/時と言われています。燃費が悪くならないためにも、また家族との時間を大切に過ごすためにも、渋滞をさけたいですね。

「年末年始の長距離運転は、どの日程を予定していますか?」という質問から、渋滞ピーク日が判明しました。

(年内の渋滞ピーク)23日午前中・24日午前中・30日午後

(年始の渋滞ピーク)1日・2日・3日の午前午後とも

今年は4日が平日のため年始の渋滞が集中しているのが特徴的です。渋滞を避けるなら、夜の移動がよさそうです。

(年内の渋滞緩和時間帯)25日深夜・27日深夜・27日早朝

(年始の渋滞緩和時間帯)1日深夜・2日深夜

1日や翌日の2日の深夜が比較的すいているようです。出発前にテレビやラジオの渋滞情報を、いま一度チェックしてみてください。

 

以上、渋滞に巻き込まれがちな帰省で、燃費が悪くならないための運転方法と渋滞予報をご紹介しました。

長距離ドライブの平均片道距離のアンケート結果は173.1kmでした。普段の燃費は10~14km/Lの車が多いため、往復で29L弱のガソリンが必要になります。この燃費をよくするのも悪くするのも、渋滞に巻き込まれないようにするのがポイントのようです。

エコドライブで何Lのガソリンが節約できるか、帰省のときぜひ試してみてください。

(ライター 大津留ぐみ)

 

【関連記事】

※ ピカピカどころか!逆に車を傷めることにもなる「NG洗車」3つ

※ やめて…事故るから!男性から見た「この女ないわ~」と思う車の運転5選

※ 車内で大喧嘩に!運転中の夫をイラッとさせる妻のNG言動4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

 

【参考】

「年末年始の長距離移動」と「エコドライブ」に関するアンケート調査 – 三井ダイレクト損保