スーパーの店員が「正直もう来ないで!」と思う…迷惑客の特徴3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

pixta_17857004_sみなさんは週に何度スーパーマーケットを利用しますか? 家族の食卓を支える食材を購入する大事な場所であり、家計管理においても重要なポイントですよね。

行き慣れた所ということもあり、気軽にお店で買い物をしていることと思いますが、レジ打ちの店員さんは色々思うことがあるんだとか……!

そこで今回は、主に食品を取り扱うスーパーのレジ店員さん4人に、「買いに来ないで欲しい」と思う面倒で迷惑な客の特徴を伺ってきました。

「お客様は神様」……という時代はもう古い! 店員さんはこういう部分を見ているようです、早速チェックしていきましょう!

 

■迷惑1:買った個数をごまかそうとする

お惣菜売り場や精肉・鮮魚売り場でよく見かけるのが、袋やドギーバッグが置かれていて必要な数だけ選んでトングで入れる形式です。

好きな数だけ買えるためムダがなく便利ですし、お得な価格であることも多いのですが、それがレジ打ちの際に問題になってくるそうです。

・「個数をごまかす主婦が結構います。乳酸菌飲料がひとつ9円の特売日に“袋にいくつ入ってますか?”の問いに少し間をあけて“9個”と答えた主婦。

9個の割には重いなと思って数えたら12個入ってました」(40代女性・パート)

レジで購入するものの個数を偽って、支払いを回避するなんて言語道断!

そういった人のせいで、店員さんが個数を数える作業が増えてしまいます。それによって会計の時間がかかってしまうという悪循環ですね。

タレで和えてあるような生肉だと、個数を数えるのも難しいとのこと。支払いをせずに商品を持ち去るのは泥棒です。絶対にやめてほしいとのことでした。

 

■迷惑2:レジ打ちが遅いとクレームを付けてくる

会計を待つレジの列が長いと、イライラしてしまう人もいることでしょう。しかし、レジ打ちの店員さんにクレームをつけたところで仕方のない話。

にも関わらず、商品をレジに打ち込んでもらっている間に延々と文句を言うモンスター客がいるとのこと。

・「特売日は混むことが予想されます。普段より開けるレジも増えますし、1つのレジに2人体制で臨むこともしばしば。

でも、“こんなに待たされた”といった時間的なクレームをはじめ“もっとテキパキ仕事したら?”といったバカにするようなクレームまで多々あります」(50代女性・パート)

店員さん曰く、できる限りの体制でお客様を迎えているとのこと。自分のペースで買い物ができなくても、お店が混んでいれば仕方のないことですよね。

店員さんにイライラをぶつけるようなことはやめましょう。

 

■迷惑3:会計間近になって、買い足すものをとりにいく

買い物あるあるなのが、買おうとしているものをつい買い忘れてしまうこと。

「ラップ切らしてた! ゴミ袋買いたいんだった!」といったような買い忘れにレジ打ちの最中に気付いたとき、みなさんはどういった対応をしますか?

空いているときであれば、店員さんに一声かけてダッシュでお目当てのものを取りに行くかもしれませんね。しかし、混んでいる日のレジでそれをされると大迷惑だという声が!

・「もうすぐ全商品打ち終わるって頃に、急にパッとレーンから抜けて買い足しにいく人、いますね。困ります」(30代女性・パート)

・「一度会計を済ませてから、また並んでくださいというとすごく嫌な顔をされたことが。当たり前のことなのに」(40代女性・パート)

一度で必要な買い物を済ませたいという気持ちはわかります。でも、後ろにはレジを待っている人でいっぱいの時は、空気をしっかり読まなければ大人として恥ずかしいですよね。

 

いかがでしたか? わたしたちの身近にあるスーパーで、たくさんの“恥ずかしい大人”が存在しているのです。

人の振り見て我が振り直せ、という言葉を思い出しました。「うちに買いにくるな!」と思われないよう、WooRis読者のみなさんはマナーを守って買い物をしましょうね。

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ もう書いた?年賀状を送る人の「出世・昇給が早い」驚きの理由とは

※ 脂肪の他にも!? ダイエット失敗者が共通して「溜め込んでいるもの」5つ

※ 時短どころかむしろ非効率!「主婦が複数の家事を同時に行う」リスク3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

 

【画像】

※ siro46 / PIXTA(ピクスタ)