旦那は大丈夫?キャバ嬢に聞く…キャバクラに「どハマる」男性の特徴3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

pixta_18679803_s飲み会の多い時期になりましたね。二次会、三次会……と、“女の子と一緒に飲めるお店”へ繰り出す男性も多いことと思います。

あなたのご主人は、キャバクラ通いをしていませんか? お酒とおつまみフルーツ、そして“綺麗な女性”と引き換えに、気づけば湯水のようにどんどんお金が懐から出ていくキャバクラ。

ハマってしまうと破産の危機が……!?

そこで今回は、キャバクラで勤務経験のある20代女性にお話しを伺ってきました。どんな男性がキャバ嬢にとって上客なのか? そして、どういった男性がキャバクラにハマっていったか……リアルな声を聞いていきましょう。

 

■1:仕事熱心…だけど認められない、と不満タップリ

「キャバに来る男性って、お店にもよるかもしれないけれどうちのお店は中年層が多めでした。仕事も絶好調で、稼ぎも安定しているような人ばかり。

ただ、自分が思っているよりも組織に認められていないという人の方が、キャバに通ってくれましたね。

嬢はみんな、愚痴を聞くのが上手です。美味しいお酒を飲んで、不平不満を吐き出して元気になって帰ってもらうのが仕事ですから。

社会で思うように認められない自分を、褒めてほしくて認めてほしくて通うようになるのだと思いました」

キャバクラにハマる男性は、決して遊び呆けているような人ではないとのこと。

むしろ真面目で仕事熱心。キャバクラにいるときくらい、「羽目を外していいよね!」といったノリで愚痴を吐き出して、高いお酒を飲んで帰っていくといいます。

仕事での失敗があった日に来るお客さんも多いとのこと。仕事がうまくいっているかどうかによって、キャバクラへ行くかどうか大きく違ってくるようです。

 

■2:家庭内でのポジションは低め

「嬢は営業メールを欠かしません。既婚男性だと家でのポジションが低めのことが多いと感じました。

“俺がいなきゃダメなくせに、偉そうに幅をきかせてるんだよ”といったような愚痴をこぼす男性、圧倒的多数ですね」

亭主関白が良かったのに、奥さんの尻に敷かれている……という男性だと、キャバにハマる危険大! 家庭内で存在をないがしろにされている男性が多くキャバクラに通っているといいます。

キャバ嬢は、寒い日には「冷えてきましたね。風邪などひいていないですか?」といった文言、繁盛期には「忙しそうですね。きちんとご飯、食べられていますか?」といった内容で、基本的に心身の健康面を気にかける営業メールを送るそうです。

家庭内での扱いが酷いと、どんなに忙しくても寒くても「大丈夫?」といった気配りや声かけをされないことが考えられます。すると、そういった優しい気配りを求めてキャバクラに行きたくなってしまうんだとか……!

 

■3:子どもがいない家庭である

「キャバで遅くまで飲んでいく人は、奥さんがいてもお子さんがいない人が多い印象があります。

また、結構な額を使っていく男性は年配の方で、お子さんがいないというパターンが多いです。お気に入りの嬢のことを、子どもみたいに可愛がってくれるんですよ。

ブランド物のアクセサリーとかをプレゼントしてくれたり、売り上げが伸び悩んでいるときにシャンパンを入れてくれたりします」

家庭の形はそれぞれ。子沢山の家庭もあれば、夫婦のみの家庭もあることでしょう。時間もお金も気にせず、思いっきりキャバクラで遊んでいく男性は子どもがいない人が多い印象があるようですね。

子どもがいたら、心の底に「早く帰らなきゃな」といった気持ちや「あんまりお金を使うわけにはいかないな」という意識が根付くのでしょう。

大人同士である程度の生活が出来ている場合は、ついキャバクラに時間もお金も費やしてしまうケースに繋がってしまいやすいようですね。

 

いかがでしたか? 「たまになら、女性のいるお店でお酒を楽しんでも許してあげる!」と寛容な気持ちで過ごしていても、ご主人がキャバクラにどっぷりハマってしまっては悲しいですよね。

帰ってきたい家庭作り、そしてご主人が仕事でストレスを抱え込んでしまっていないか……心身の健康面を気にかけて、散財しないように旦那を導いていきましょう!

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ 2位俺の文句…「直してほしい妻の欠点」夫が最も滅入る1位の言動は

※ あなたは「愛され妻or捨てられ妻?」それが一発で分かる質問

※ お宅は…どう?夫婦の「会話時間と円満度」に深い関係アリと判明

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

 

【画像】

※ bee / PIXTA(ピクスタ)