子どもがぐずったらどうする!?「子連れ外出時」ママのNG行為4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

お子さんが電車やお店など公共の場でぐずったり大きな声を出したりしたら、あなたはどんなふうに対処しますか?

「しーっ静かに!」と目を吊り上げても子どもはますます興奮して騒ぎ、周囲からは冷やかな視線……。子連れで外出する機会が増える長期の休暇が憂うつというお母さんも多いかもしれませんね。

今回は、マナーデザイナー・岩下宣子氏の著書『好印象を与えるママ&パパの子連れマナー』(主婦と生活社)を参考に、“子連れ外出中のママのNG行為”4つをお届けしたいと思います。

 

■NG1:お菓子売り場などに子どもを放置する

子連れでスーパーやデパートに買い物に行った際、お子さんをお菓子売り場やおもちゃ売り場に放置するのは絶対にやめましょう。

確かにお菓子やおもちゃに子どもの関心をひきつけておけば、お母さんはゆっくり買い物ができるかもしれません。

しかし、お母さんが目を離している間にお子さんが商品をいじったり、何らかの事故や事件に巻き込まれたりするおそれは十分にあります。

たとえ「うちの子はお行儀がいいから平気」というつもりでも、子どもが一人で置き去りにされていたら、周囲の人にとっては「あの子、大丈夫?」とヒヤヒヤものです。

子連れ外出の際は、ほんのわずかな時間でもお子さんから目を離さないようにしましょう。

 

■NG2:人前でヒステリックに叱る

いくら「静かにしようね」と念を押しても、子どもが言うことを聞いてくれなかったら、お母さんとしてはつい「もういいかげんにして!」と感情を爆発させたくなるかもしれません。

でも、人前で子どもをヒステリックに叱りつける姿は、周囲の人にとっては見苦しいもの。ましてや、暴言や暴力などは、子どもの教育上もマイナスにしかなりません。

外出中に子どもを叱るときは、部屋のすみや廊下など、きちんと叱れる人気のない場所にまずは移動しましょう。

もし電車内で騒いだ場合は、「ご迷惑だから次の駅で降りるわよ!」とピシャリと言い、言うことをきかないときは本当に次の駅で降りてみてください。

場所を変えることで、周囲に迷惑にならないだけでなく、お母さん自身の怒りがトーンダウンするという副次的効果もあります。

公衆の面前で叱りつけるのではなく、一度心を落ち着けて、冷静に「どうして悪いのか」を諭すようにしましょう。

 

■NG3:「〇〇に怒られるよ」と他人のせいにする

叱るときのもう一つのタブーは、「うるさくすると、あのおじさんに怒られるよ!」などと、“他人のせい”にすること。

“あのおじさん”というのが、お母さん自身は特定の誰かを指すつもりではなくても、近くにいる人は自分のことだと思って不快に感じます。

また、このような叱り方では、「怒られなければ騒いでもいい」というふうに、子どもを勘違いさせてしまうかもしれませんよね。

他人の力を借りるのではなく、自分の責任において注意するようにしましょう。

 

■NG4:子どもを叱るのに精一杯になってしまう

外出中に子どもがぐずったり騒いだりしたら、「とにかく静かにさせないと」と子どもに全神経が向いて、周囲が見えなくなりがちかもしれません。

もちろん、それも無理からぬことなのですが、トラブルに見舞われたときこそ、まわりへの配慮を示すことが美しい親の姿。

たとえば、電車内で子どもが騒いだら、降りる際にできれば「うるさくして申し訳ありません」と一言残してみましょう。

子どもが公共の場でおとなしくしていられないのは、仕方のない面もありますが、それを「けしからん」と周囲に感じさせるかどうかは親の態度しだいといっても過言ではありません。

公共の場での親子連れに対し、「うるさくされて迷惑」などとネガティブな印象をもつ人も少なくないようですが、親がきちんと礼節を重んじることで、世間の目は今より寛容になっていくのではないでしょうか?

 

以上いかがでしたか? 冬休み、年末年始にお子さんとお出かけの際は、ぜひこれらのNG行為は避けて、親子で楽しいひとときをお過ごしくださいね!

(ライター 中田綾美)

 

【関連記事】

※ 子どもが勉強嫌いに!?「勉強を習慣にさせる」のが実は危険な理由

※ 2位楽器系!親は気になる「イマドキの小学生がしている習い事」圧倒的1位は…

※ お菓子が主食になってない?キレる子どもになるNGな食生活3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

元おニャン子メンバ-も絶賛!飲ませてよかった「成長促進ドリンク」とは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

※ ママ友に「オバ顔」認定される顔の特徴!2位はたるみ、1位は○○

 

【参考】

岩下宣子(2015)『好印象を与えるママ&パパの子連れマナー』(主婦と生活社)

岩下宣子(2015)『好印象を与えるママ&パパの子連れマナー』(主婦と生活社)