気合いが無駄に…!「たまにしか口紅をつけない人」の失敗塗り方3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Young attractive girl busy with her make up.家の中ではリップクリームだけで済ませていても、「ココぞ!」というお出かけシーンでは、口紅を使う主婦だって多いですよね。

でも、口紅って手軽に塗れそうなイメージがあるものの、ちゃんと塗らないと顔の印象がぼやけがちなリスキーアイテムでもあります。

日頃、口紅を使わない女性ほど、イザというときに残念な印象になっていることも……。

今回は時短美容家の筆者が、せっかく口紅を塗ったのに残念な印象になっている女性のNG特徴を3つご紹介しましょう。

 

■NG1:口紅がはみ出ている

口紅を塗るときに、そのまま唇につけてしまうと唇からはみ出しやすくなります。

上手に塗れているつもりでも、口角などヨレやすい部分はとくに注意。口紅がはみ出ていると、せっかくのお洒落が台無しになってしまうので、要注意です!

リップライナーを使い、しっかりと輪郭をとってから口紅をつけると、口角がわに口紅が流れてしまうことを予防できます。

おしゃべりやお食事をしているうちに、口紅が崩れて口角に流れてしまっていることもありますから、気をつけたいですよね。

 

■NG2:皮むけが目立つ

口紅を使いなれない女性がたまにつけると起きがちなのが、“皮むけ”です。

もともと荒れていた唇に口紅をつけることで、色味が加わって皮むけが余計に目立ってしまいます。

保湿タイプの口紅であっても、そもそもの唇の状態が荒れていると皮が目立つ状態に。リップクリームやグロスなど無色だった状態と比べ、色が入ると皮むけに立体感ができてしまい、目立つのです。

唇が荒れている状態なら、キチンと保湿ケアをしてから口紅を使いましょう。

 

■NG3:色ムラがある

口紅を塗るときに、ただ塗っているだけだと色ムラが起きやすくなります。

最近では立体感のあるリップがトレンドなので、ただのっぺりと塗るだけはNG! 均等に塗ったつもりでも、色ムラが生じやすく唇の印象がぼやけがちです。

塗り方やグロスと合わせてグラデーションを作っていくほうが、ダンゼン今っぽく仕上がるのです。

口紅を塗ったあと、中央にだけグロスを乗せると光を反射する効果もあり美しく仕上がります。

 

■肌色によって似合う色も違う!?

残念な唇にしないためにはカラー選びも大切です。

『WooRis』の過去記事「絶対失敗したくない口紅選び!ポイントは“肌色基準”にあった」では、ピンク系・白肌には、明るいレッドや大人っぽいローズ系。イエロー系・小麦肌には、オレンジやブラウン系など、肌のカラータイプ別に似合う色味をご紹介しています。

カラー選びではトレンドを追うのも大事ですが、自分の肌に合う色を選ぶのも、残念な仕上がりを回避するコツになります。

 

いかがですか?

普段は口紅をあまり使わない女性ほど、イザというシーンで“ただ塗るだけ”になってしまうものかも。

口紅は顔の印象を左右するアイテムでもあるので、上手に使って女性らしさをアップさせていきましょう!

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 保湿してるのに肌ガッサガサ!「冬型栄養失調」を防ぐ食べ物3つ

※ ヤバっ!メイクした顔が「スッピンより老けて見える」残念メイク3つ

※ 今すぐストップ!快適な睡眠の為に「寝る前に見てはいけない」3つの色

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

※ 美魔女のキレイの秘訣!? あの高級食材をつかった美容術

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

 

【画像】

※ yacobchuk / PIXTA(ピクスタ)

tagタグ一覧