うるツヤどころか…逆にベタつく「パサパサ髪のNG保湿ケア」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Young girl try to comb hairs乾燥が気になる季節には、髪のパサつきも生じがちですよね。

なので、今の季節には髪にも、いつもよりも多めの保湿を心がけている女性が多いのではないでしょうか?

でも、ただ保湿をしているだけだと、かえってベタつきやムレの原因になることもあるので、要注意なんです。

しっとりツヤ髪をキープするためには、保湿の方法もカギです。

今回は時短美容家の筆者が、せっかく保湿をしてもベタつきの原因になりやすいNGケアを3つご紹介していきましょう。

 

■NG1:頭頂部にもヘアオイルを塗る

乾燥を防ぐため、髪全体にオイルを塗ろうとして頭頂部にもつけるのはNG。

頭頂部にオイルを塗ってしまうと、どうしても頭皮に流れやすくなります。すると、毛穴の詰まりを招きやすく、ベタつきの引き金になりやすいのです。

オイルを塗るときには、毛先から始めていきましょう。できるだけ頭皮にはオイルが流れないよう塗り方を工夫することが、ベタつきを回避するコツです。

 

■NG2:トリートメントのつけすぎ

パサつきが気になると、傷みも関係しているのかと思って、ついトリートメントにも力が入りますよね。

しかし、トリートメントのやりすぎは、髪のベタつきを招く要因にもなるんです!

そもそも髪の根元までつけすぎるのは、頭皮の毛穴詰まりを招くので危険。さらに、乾燥を予防しようとつけすぎてしまうと、すすぎ不足が生じることもあるのです。その結果、ベタつきを生じさせてしまうんですよね。

乾燥が気になったとしても、トリートメントは適量を使うのが鉄則です。

 

■NG3:整髪剤のつけすぎ

パサつきがあると、ヘアスタイリングにも影響がありますよね。

なので、美しい仕上げにするために大量の整髪料を使っている人もいることでしょう。

しかし、仕上げた瞬間には美しく仕上がっていても、時間の経過とともにベタつきを感じてはいませんか?

ワックスなどの整髪料には油分が含まれていますので、時間の経過とともに分泌された皮脂と合わさって、油分過多が生じベタつくこともあるのです。

「夕方になるとベタつく」という人は、ヘアセット時の整髪料の量を調整してみてください。

 

■頭皮の乾燥が気になる人が選ぶべきシャンプーって?

fotolia_79995858

髪の健康をキープするためには、自分に合ったシャンプー選びも大事です。

『WooRis』の過去記事「頭皮が乾燥…フケや抜け毛が!化粧水での保湿方法やおすすめのシャンプー」によると、頭皮の乾燥が気になるならば、オイル系、アミノ酸系、オーガニック系のシャンプーがオススメです。

頭皮に余計な刺激を与えずに、潤いをキープしてくれるシャンプーを選ぶことも、乾燥対策でベタつきを招かないコツになります。

ぜひ、ご自身に合うシャンプーを見つけて、パサつき知らずのうるツヤ髪を目指してみてください。

 

いかがですか?

パサつき対策でやっているケアが、ベタつきを招いていたら残念ですよね。

乾燥が気になるシーズンだからこそ、的確なケアでうるツヤ髪をキープしていきましょう。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 毎日やってた!美容師が教える「髪が傷むNGヘアケア習慣」6つ

※ くっさ~!元美容師が教える「頭皮が臭っちゃう」間違ったヘアケア5つ

※ 毎日の「ブラッシング」がもたらす髪への嬉しい効果3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

勝ち組男を次々落とす、魔性の女ミランダ・カーの美ボディはワケあり?

※ ウソでしょ…ここだけ黒い!「アソコの黒ずみ」をケアする秘密のジェルとは

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

tagタグ一覧