ママ友から「バカッター」扱いされる危険なTwitter投稿3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

12-15とっても便利なTwitter。有名人もたくさん利用していて、人物の近況やトレンドなど、様々な情報が手に入ります。しかし、匿名で利用できるということもあって、つい人に堂々と言えないようなことまで呟いてしまうことも……。

そこで今回は、友人知人のTwitterを見て「バカッター」だなと思った経験があるという筆者の友人知人(20代~50代の女性9名)にお話しを伺ってきました。一体、どういった利用の仕方がイタいと思われてしまっているのでしょうか。

 

■1:ユーザーネームは匿名だが、画像で身バレしている

匿名で利用できる手軽さが魅力のひとつであるTwitter。しかし、投稿する内容はもちろん、画像も個人の特定につながるので注意が必要。

「近所のパン屋さんでランチと言って店名が写真に写っていたり、今日は娘の運動会と言って周囲が映りこみまくっていたり……。ユーザーネームは本名と違うけど、スマホアプリのゲームのユーザー名と同じだし、行動パターンと行動範囲ですぐに気付きます」(20代女性・会社員)

全然違う人間を装っていても、実はバレバレ……というのが「イタ~い」と思われてしまうようですね。

「あるママ友は、自慢の高級車の画像をトップにしているから、すぐわかります。わたしもわたしで気になっちゃって定期的に偵察しちゃうんですけど、簡単に偵察できちゃうので甘いな、と」(匿名希望)

気になるけど、仲がよろしくないママさん相手だとTwitterを偵察することもあるんだとか! 相手に私生活をバラしているようなもの。利用には十分に気を遣いたいところですね。

 

■2:それ不倫! 旦那さんが見ていない前提での投稿

アヤシイ異性関係を堂々とTwitterにアップしているママがいるという情報もありました。

「同級生とサシ飲み~とか言って、真っ赤な顔した男女が寄り添って映った画像が。えーこれ旦那さん見たらどう思うんだろうとか思ってハラハラしました」(30代女性・専業主婦)

仮にそういったやましい仲ではないとしても、誤解を招くような画像を不特定多数の人が見られるSNSに投稿するのはどうかと思いますよね。

「自分がされたら絶対イヤ。だから、異性といちゃついてる画像を堂々とアップして、しかもリア充気取ってる人はキライ」(30代女性・パート)

それって不倫なんじゃ……とザワっとするような画像を、平気で投稿してしまうママさんが存在するとのこと。見ている方までイヤな気分になって、迷惑ですよね。バカッター確定です。

 

■3:嘆きのつぶやき…それは後から見れば”黒歴史”に

fotolia_125198210

日記を書いたはいいけれど、後から読んだら恥ずかしくなってしまったことってありませんか? 当時は一生懸命に気持ちを吐き出したつもりが、冷静になって見直すと黒歴史だと思うこともしばしば。それをTwitterでやってしまうママがいるのです。

「気分がかなり落ちているような文章をアップしていたり、急にポエムっぽいことを呟いていたり……ちょっとソレ恥ずかしいんじゃない? って思うようなことを公開しているから、不思議」(40代女性・パート)

悲しいときは悲劇のヒロインかのようなツイートをするママさんを、周囲は「見ているこっちが恥ずかしくなる!」と、周囲は冷ややかな目で見ているようですね。

 

いかがでしたか? あなたの周りにもこういったバカッターが存在しているかもしれませんね。将来子どもが見ても、今すぐ自分が見ても、恥ずかしくないような利用の仕方を心がけましょう!

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

見てられない!周囲困惑の「SNSへのアップ厳禁」な投稿パターン3種

訴えてやる!SNSにアップする「子どもの写真」危険な投稿3パターン

子どもに見られたら…危険!SNSでママが子育てのグチを書き込むリスク

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

※ 美魔女のキレイの秘訣!? あの高級食材をつかった美容術

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

tagタグ一覧