【ミス日本式】歴代ミス日本が「飲み会で注文しない」太るNGメニュー6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

SONY DSC

忘年会や新年会では、日頃のダイエットのことは忘れて、おいしいお酒やお料理を楽しみたいものですよね。

とはいえ、油断してあれもこれも飲み食いしていると、年明けには「げっ……スカートが入らない!」なんてことにもなりかねません!

そこで今回は、“ミス日本式ダイエット”を考案した和田研究所のダイエットトレーナー・和田あいさんを取材した『WooRis』の過去記事を参考に、スリム美女が飲み会で注文しないNGメニュー6つをお届けしたいと思います。

 

■1:甘いお酒

フルーツ風味のチューハイや、リキュールを使ったカクテルなどは、口当たりがよくて何杯でもいけちゃいますよね。でも、ジュースのような甘~いお酒はカロリーが高い傾向にあります。

お酒を飲むなら、糖質の含まれない蒸留酒(焼酎やウイスキーなど)にしましょう。水割りやウーロンハイにすると、カロリーを最小限に抑えられるのでおすすめです。

 

■2:ポテトサラダ

“サラダ”というと、それだけでヘルシーなイメージがありますが、ポテトサラダはNG!

そもそも、じゃがいもは野菜ではなくイモ類。食後に血糖値が上がりやすく、からだに脂肪をためこみやすい食品だといいます。

同じサラダを注文するなら、海藻サラダなど野菜といっしょにミネラルも摂取できるものにしましょう。

 

■3:餃子・シューマイ・春巻

餃子・シューマイ・春巻など、“皮に包まれている”ものはダイエットの天敵とのこと。皮には炭水化物が多く含まれるので、ぱくぱく食べているうちにカロリーオーバーするおそれがあります。

中華料理屋でも居酒屋でも人気のメニューですが、食べるとしても1個だけにしましょう。うっかり食べ過ぎると皮だけでお茶碗1杯分のご飯に相当してしまうとのことですよ!

 

■4:スイーツ

最近の居酒屋ではスイーツも充実していますよね。パフェやパンケーキなど、メニューの写真を見るだけで心躍りますが、もちろん甘いものはダイエットにはご法度。

たとえ“カロリーオフ”を謳ったものだとしても、スリム美女は注文しません。人工甘味料をとると食欲が増したり、太りやすくなったりするおそれもあるようです。

 

■5:フルーツ

「スイーツがダメでも、フルーツなら大丈夫だよね」なんてイメージもありますが、残念ながらフルーツもアウト! フルーツに含まれる“果糖”は、なんと砂糖よりも脂肪になりやすいのだそうです。

美肌のためのビタミンは、フルーツではなく野菜から摂るようにしましょう。

 

■6:シメにラーメン

飲み終わったらシメにラーメンや雑炊が欠かせない!……というかたもいるでしょうが、これこそデブ一直線です。

筆者の体験上も“シメに炭水化物”が太るのは本当。一時期、それが習慣化していた頃はみるみる体重が増え続け、さすがにヤバいと思ってやめた途端、自然ともとの体重に戻りました。

最後はお茶でも飲んで笑顔で「ごちそうさま」にしましょう。

 

以上いかがでしたか? 目の前にごちそうがあるのに「私、ダイエット中ですから」と全く箸をつけない……なんてストイックなまねはする必要ありませんが、今回ご紹介したNGメニューだけは控えて、飲み会シーズンをスリムに乗り切りましょう!

(ライター 中田綾美)

 

【関連記事】

忘年会のシメのラーメン、危険なカロリー高トッピングのベスト4は?

【ミス日本式】寝てる間にドンドン老けちゃう…歴代のミス日本が絶対やらない寝室・服装の特徴4つ

【ミス日本式】週1回45分で美肌が手に入る!日本代表の美女の入浴法とは

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

※ 美魔女のキレイの秘訣!? あの高級食材をつかった美容術

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

 

【参考】

【ミス日本式】歴代ミス日本がこっそりやってる「飲み会で太らない」たった4つの秘策 – WooRis

【ミス日本式】ダイエットの天敵!? ミス日本は口にしない意外なNG食品4種 – WooRis

【ミス日本式】えっ…果物ってダメなの?日本代表の美女が絶対に食べない食品5つ – WooRis

 

【画像】

※ blackie0335 / PIXTA(ピクスタ)

tagタグ一覧