網戸破り・へそくり発見…「我が家の年末大掃除」失敗エピソード

by 相馬佳 |

生活, , ,

今年もあと残りわずか。あなたの家では“大掃除”は済みましたか?

「新年を清々しく迎えるために、ちゃんとお掃除しなきゃ……」と思いつつも、毎日の生活やお正月の準備もあり、なかなか重い腰が上がらないこともあるはず。こんなとき気になるのが「ほかの家ではちゃんとお掃除してるのかしら」という事実。

そこで今回は世の人々が大掃除についてどう思っているのかを知るべく、清掃機器メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人ケルヒャー ジャパンが全国の20~60代の男女500名を対象に実施した「大掃除」に関するアンケート調査の結果をご紹介します!

 

■大掃除が嫌いな理由1位は“時間がかかる”

まず、「今年は大掃除をしますか?」と尋ねると、「する予定」が44%、「必ずする」が38%で、82%の人が「する」と答えています。d22995-2-978115-0

「しない」と答えたツワモノもいますが、もしかすると1人暮らしで大掃除を必要とするような広いスペースがなかったり、普段から小ぎれいにしているため必要ない、という場合もあるでしょう。

しかし、いくら普段から“小掃除”をしているからといって、やはり年越しの前に少しはお掃除をしておきたいものです。

次に「大掃除は好きですか?」と尋ねると、「どちらかと言うと嫌い」と答えた人が37%と最多に。次に「嫌い」で34%、「どちらかと言うと好き」が20%、「好き」が9%という結果に。71%の人が「嫌い」と答えていますが、一度始めると嫌いな人でもとことんやらないと気が済まない、という場合もありそうです。

「嫌い」と答えた人に、「大掃除が嫌いな理由は何ですか?」と尋ねると、

1位・・・時間がかかる

2位・・・体力をつかう

3位・・・汚れが落ちない

4位・・・手や服が汚れる

5位・・・清掃方法が分からない

1位は断トツで「時間がかかる」。「そんなに汚くないし、すぐ終わる」と思っても、一度始めるとなかなか終わりません。

お掃除をしながらお正月料理などの用意もせねばならず、主婦は特に“てんてこ舞い”という言葉がぴったりな状況ですね。

 

■大掃除で一番時間がかかるのは断トツで“キッチン”!

では、大掃除をする人々はいったいどこを中心にするのでしょうか?

「大掃除で一番時間がかかる場所はどこですか?」と尋ねると、1位はやはり「キッチン」で3割以上。2位は汚れを溜めやすいのに頻繁に掃除しない「窓・網戸」、3位は皆が集まる「リビング」という結果に。

d22995-2-225969-3

中には「外壁・外回り」、「物置」、「車」などという答えも。隅から隅まで徹底的に大掃除をする家もあるようです!

では、皆の大掃除エピソードを聞いてみましょう。

・「熱中して掃除していて気がついたら年を跨いでいた」(30代・女性)

一度始めると夢中になって周りが見えなくなる性格のようです。

・「大掃除をしていてへそくり発見」(30代・女性)

誰のへそくりで、いくら発見したのか気になるところです。

・「張り切って掃除をしていたら網戸をやぶって時間とお金がかかった」(60代・女性)

これは意外とありがちな失敗。つい力が入ってビリッ……といってしまったのでしょう。

 

■大掃除をラクに終わらせるコツ4つ

大晦日まであと2日! まだ遅くはありませんので、今から整理整頓とお掃除を始めましょう。

掃除代行業を営む筆者の友人によると、

(1)まずは整理整頓をし、ものを減らす

(2)スケジュールを決め、タスクを数日間分に分ける

(3)家族全員の担当を決める

(4)よく使う場所は少しずつ掃除して最後に仕上げを

という手がお薦めだそうです。

捨てたり、寄付したりしていらないものを減らしていけば掃除もラクになります。そして「この日までに終わらせる」という日にちを決め、逆算してタスクのスケジュールを作りましょう。

子どもたちを含む家族全員の協力を仰ぐこともポイント。夫には庭や車、外壁、窓、網戸など、力のいる部分を任せれば良さそうですね。

 

いかがでしたか?

「あ~今年も大掃除か……」とゲンナリせず、今から始めて大晦日とお正月はのんびり過ごしてください!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

お宅は…週何度!? 聞けないけど知りたい隣人の「トイレ掃除事情」とは

これでピッカピカ!「面倒で嫌な」トイレ掃除を楽にするコツ3つ

シックハウスはこれで予防!? 「化学物質を排除する」家に置きたい観葉植物5選

 

【Specialコンテンツ(PR)

勝ち組男を次々落とす、魔性の女ミランダ・カーの美ボディはワケあり?

※ ウソでしょ…ここだけ黒い!「アソコの黒ずみ」をケアする秘密のジェルとは

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

 

【参考】

「大掃除」に関するアンケート調査 – ケルヒャー ジャパン