干すと旨味が増す!? 今が旬のレンコンを美味しく食べる保存方法3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

fotolia_95980008_subscription_monthly_m

今が旬のレンコンは、美味しいだけでなく体の為にもこの時期には手放せない野菜。なぜならレンコンは、風邪を引きにくくしてくれるビタミンCが豊富で、胃腸の働きを助けてくれるムチンという成分も含まれているからです。

そんなレンコンですが、節の途中で切れている状態のものは、切れ目が酸化しやすいので、よく見て買いましょう。気がついたら、レンコンの穴の中が全体的に茶色くなってしまっていたなんて経験はありませんか。

せっかく買ったレンコンを美味しく食べるためにも、正しい保存方法を知っておくことが大切です。そこで今回は食生活アドバイザーの資格を持つ筆者が、“今が旬のレンコンを美味しく保つ保存方法”についてご紹介します。

レンコンを買った時の状態で保存方法を変えるようにしましょう。

 

■冷蔵保存

fotolia_123127809

スーパーで売っているレンコンは、節の途中でカットされているものが一般的。その場合は、切れている部分が空気に触れないようにしっかりラップをして、食品保存用袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ入れます。

皮をむいてから保存する場合は、レンコン全体が水につかる状態で冷蔵庫に入れて早めに使用してください。

レンコンが途中で切れていない節の状態で買った場合は、冷蔵庫または冷暗所での保存も可能です。泥が付いていたらそのまま落とさずに、湿った新聞紙で包んで保存しましょう。

切れているものよりも節で買った方が、長く保存することができます。

 

■冷凍保存

レンコンを好みの大きさに切って冷凍保存しておくと、煮物やサラダ、きんぴらを作る時にサッと使うことができてとても便利です。

冷凍保存する前に、レンコンの変色を防ぐために酢水に少しつけてから固茹でするようにしてください。

保存する際は調理方法に合わせた大きさに切っておいて、使い切りの量に分けて保存袋に入れて冷凍します。そして使うときは、解凍せずにそのまま使うのがポイントです。

解凍してから調理するとレンコンが柔らかくなってしまい、あのシャキッとしとた食間を楽しめなくなってしまいます。

 

■干して保存

“干し野菜”というのを皆さんはご存知ですか。

“干し野菜”とは、好みの大きさに切った野菜をザルなどにのせて、ベランダや庭で半日から1日ほど天日干しをした野菜のことを言います。干すことで、野菜の中の水分が抜けて旨味や甘みが凝縮されます。

レンコンを5mmくらいにスライスしたものを干して、冷凍保存してみてはいかがでしょうか。シャキッとした食間はないものの、レンコンの甘みが引き出されて炒め物にもオススメです。

素揚げにしてレンコンチップスにすれば、そのままおつまみにもなりますし、カレーやスープ、サラダのトッピングに使うこともできますよ。

 

いかがでしたか。スーパーで販売されているレンコンのほとんどが、節の途中で切られているものだと思います。旬の食材をおいしく食べるためにも、買ってきたら早めに調理するか、すぐに使わない場合は早めに保存処理を行いましょう。

(ライター やまさきけいこ)

 

【関連記事】

※ ゴマも常温保存NG?「冷蔵庫に入れた方がよい」意外な食品3つ

※ 上手に保存すればムダ知らず!「お肉の冷蔵・冷凍」正しい保存方法

※ 省スペース!長ネギ・大根・ごぼう…かさばる「長い野菜」の保存方法

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 心を残して別れた彼…お互いの離婚後に「運命の再会」を果たした秘密とは

※ 妊娠時こそ栄養不足に!? 管理栄養士が教える出産時の対策とは

勝ち組男を次々落とす、魔性の女ミランダ・カーの美ボディはワケあり?

tagタグ一覧