たった1個でもスゴイ!意外なスーパーフード「キウイ」を食べるべき理由5つ

by 相馬佳 |

健康・病気, , ,

20161222soumawooris475

年末に続き、年始も暴飲暴食をしてしまうことが多い時期。お正月料理は塩分が高いうえ、炭水化物のお餅ばかりでは栄養が偏ってしまうこともありそうです。

そんな時オススメなのが、あのコロンと可愛い外見からは意外なほど栄養たっぷりの、“キウイ”。今回は、ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルスのレポート『キウイたった1個でビタミンC1日の摂取目安の7割が摂れる!』や、海外の研究記事などを参考に、キウイを食べる利点をご紹介しましょう!

 

■1:ビタミンC&Eが美肌を保つ

お肌にいい栄養素といえばビタミンCが頭に浮かびますよね。

キウイはフルーツの中でも最もビタミンCを多く含むフルーツ。なんと100g中70mg前後(品種により違いあり)と、なんとその量はみかんの倍以上! 成人女性が1日に必要なビタミンCの約7割を摂取できるそうです。

ビタミンCはコラーゲンの生成促進や美白効果などの働きを持ち、またホルモン分泌の調整や抗ストレス、疲労の軽減などにも効果があるそうです。

またキウイには強い抗酸化作用があるビタミンEも豊富に含まれていて、エイジングケアや血行促進に効果があるそうです。

 

■2:妊娠中に欠かせない葉酸が豊富

妊娠中に母体と胎児に必要な栄養素といえば“葉酸”。葉酸はビタミンB群の1種で、体の細胞が作られる際に必須の栄養素で、胎児の正常な発育にも欠かせないそうです。

なんと、葉酸が体内で働く際にはキウイにたっぷり含まれるビタミンCが必要となるそうです!

また血液を作る材料となるため、妊娠中に起こりやすい貧血の予防や改善にも効果がありそうですね。

 

■3:むくみを解消する

むくみを解消してくれる栄養素といえば“カリウム”。バナナに多く含まれることで知られるこのカリウムはキウイにも含まれているそうです。

カリウムは体内の余分な塩分を排出する働きを持ち、塩分・水分量を調整する働きを持つそうで、女性には気になるむくみの解消に役立ちそうです!

 

■4:消化器官に優しい

キウイは100gあたり2.5gもの食物繊維が含まれるそうです。しかも、キウイは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく含んでいるそうなのです。

食物繊維は腸内環境を整える働きがあることでよく知られますが、ダイエット効果やデトックス効果など、女性には嬉しい美容効果もあるそう。

また、タンパク質分解酵素も含まれ、肉や魚などのタンパク質を分解して消化吸収をサポートし、胃腸への負担を軽減する働きもあるとか。栄養が偏りがちなお正月にはぴったりですね。

 

■5:不眠解消効果あり

fotolia_87551673

台湾の台北医学大学が行った実験によると、20~55歳の被験者24人が就寝の1時間前にキウイ2個を4週間食べた結果、睡眠の質が向上し、睡眠時間も長くなったという結果が出たそうです。

キウイの栄養素の何が睡眠向上に効果を持つのかはまだ判っていないそうですが、不眠気味の人は寝る前のキウイ摂取をしばらく試してみるといいかもしれません!

 

以上、栄養たっぷりのフルーツ、キウイを食べる利点についてご紹介しました。

過去記事「その野菜は…大丈夫!? “オーガニック栽培”でなくても安心な食品7つ」でお伝えしたように、表皮に“毛”が生えているキウイはオーガニック栽培でなくても安心な果物の1つだそう。

小さく切ってヨーグルトに入れたり、フルーツサラダにしても美味。美容と健康のために、今年はキウイを食べてみてください!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

飲み会が増える年末年始に!「コレステロール値を調整する」食品7選

えっ…リンゴの●●は食べちゃダメ!? 「毒性を持つ」意外な食品5つ

忘年会続きで栄養が偏りがちな年末こそ食べたい「海藻」の豊富な栄養素とは

 

【Specialコンテンツ(PR)

勝ち組男を次々落とす、魔性の女ミランダ・カーの美ボディはワケあり?

※ ウソでしょ…ここだけ黒い!「アソコの黒ずみ」をケアする秘密のジェルとは

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

 

【参考】

※ キウイたった1個でビタミンC1日の摂取目安の7割が摂れる! – サニーヘルス

※ Effect of kiwifruit consumption on sleep quality in adults with sleep problems. – PubMed.gov