明太子とシソのハーモニーがメチャうま「明太餅」ほかお餅アレンジレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

6f7b2b6f365f7b63d763e39f6b395d52_s

お正月は、餅つきにお雑煮、鏡開きと、とにかくお餅を食べる機会が多かったのではないでしょうか。お餅は大袋で売っているものが多いので、まだたくさん余っているという家庭も多いようです。

最初のころは喜んで食べていた子どもたちも、今やお餅に飽きてしまっていませんか。そこで今回は管理栄養士の筆者が、もともと和食で使われる餅を洋風にアレンジする方法をご紹介します。ぜひ挑戦してみてください!

 

■トッピングを変えたり定番料理に入れたりするだけアレンジ

お餅に合わせるものといえば、醤油、きな粉、大根おろし、味噌、納豆などが一般的ですよね。そこでちょっと気分を変えて、チョコレートやメープルシロップをつけたりすると、意外とおいしくいただけちゃいます。

また、シチューやカレー、餃子や春巻きの具材として角切りにしても美味しく食べられます。

さらに、角切りにしたお餅を素揚げすると”お餅おかき”ができるので、そのまま食べたり、青海苔をまぶしたり、麺つゆで食べたり、さまざまな楽しみ方ができるので試してみてください。

 

■レシピ1:餅ピザ

材料:餅、ピザソース、玉ねぎ、ピーマン、ソーセージ、チーズ

(1)電子レンジに30秒ほどかけ、お餅を5mmくらいの厚さに切る

(2)耐熱皿にオーブンシートをひき、お餅、ピザソース、細かく切った具材、チーズをのせる

(3)電子レンジで600W 3分加熱する

トッピングにトマトやコーンなど、お子さんの好きな具材をプラスしても、美味しく食べられます。

カナッペのようにミニサイズにすれば、ホームパーティにも使えるレシピになります。

 

■レシピ2:餅ドリア

材料:餅、玉ねぎ、ピーマン、ベーコン、ミートソース、チーズ、パン粉、バター(グラタン皿に塗る分)、炒め油

(1)玉ねぎ、ピーマン、ベーコンを薄切りにして焦げないように弱火で炒める

(2)グラタン皿にバターを塗って、(1)と、小さく角切りにした餅、ミートソースを敷き詰め、パン粉、チーズをトッピングする

(3)200℃で15分から20分くらい焼く

餅が膨らむので、さらに敷き詰める。ミートソースをホワイトソースに変えても美味しくなります。

 

■レシピ3:明太餅

fotolia_120926150

材料:餅、明太子、コーン、チーズ、紫蘇

(1)耐熱皿に、小さく角切りにした餅、明太子、コーンを入れ、チーズをまぶす

(2)トースター、またはオーブンで餠に火が通るまで焼き、最後に千切りにした紫蘇をトッピングする

コーン以外にも、刻みトマトや細切りピーマンを入れたり、トッピングに刻み海苔や万能ネギを加えても美味しくなります。

 

いかがでしたか。今回は、余りがちなお餅の簡単アレンジ法についてご紹介いたしました。お餅は焼いて食べるのが一般的ですが、一工夫するだけの大変身レシピがたくさんあります。是非作ってみてください!

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 喉に詰まったらどうすればよい?知っていれば役に立つ「お餅の豆知識」

余ったお正月食品を活用!ダルさを撃退する「甘酒を活用したドリンク」2種

ムムッ!太った…お正月明けに「デトックス」してスッキリする方法5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 心を残して別れた彼…お互いの離婚後に「運命の再会」を果たした秘密とは

勝ち組男を次々落とす、魔性の女ミランダ・カーの美ボディはワケあり?

tagタグ一覧