マスカラは3カ月…ではファンデは?アイテム別「化粧品の使用期限」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1-2皆さんは、化粧品をどのくらいの頻度で買い替えていますか? また、使いきるまでの期間が長めになる方は、“化粧品の使用期限”を考えて使ったことはあるでしょうか。知らずに古くなった化粧品を使用し続けていると、雑菌が繁殖しお肌がボロボロになってしまうリスクが高まってしまいます。

そこで今回は、百貨店の美容部員さんに”化粧品の使用期限”について伺ってきました。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

■記載がなければ製造から約3年はOK!

化粧品に使用期限なんてあるの? と思い筆者がファンデーションのパッケージを見てみたところ、なにも書いていませんでした。なにも書かれていないということは、いつまでも使える状態なのでは……と思ってしまいましたが、答えはNOでした。

「化粧品は一般的に、製造日から3年以内に使いきることを考えて作られています。ただ、製造日の記載は義務ではないのが困る点だと思います。製造から未開封の状態で3年以上品質に変化がない化粧品については、薬機法という法律によって製造日や使用期限の記載をしなくてもいいとされているんです。

購入してから年単位でずっと化粧品を使わないでおくと、未開封の場合も品質が劣化する可能性があるということは、ぜひ覚えておきましょう。セットでの購入がお得な場合でも、使いきれない量をまとめ買いしてしまわないように気を付けてもらえたら……と思います」

特段記載がない場合は、基本的に製造から3年間は品質が保持されているということですね。安いから、お得だからといって、つい買いだめしてしまわないように気をつけていきましょう。

 

■ベースメイク系は“開封してから半年”を目安に使い切ろう

fotolia_84973498

購入してきた化粧品は、使用するために開封しますよね。その“開封”こそが、使用期限への時限爆弾のスイッチ。意外にも短く、半年がひとつの目安になるということです。

「化粧品を開封することによって、空気に触れ酸化していくことになります。酸化していくことによって、雑菌の繁殖もしやすくなるので注意が必要です。特にファンデーションをパフで使用する際は、こまめにパフを買い替えることを忘れないでもらいたいですね。

クリーム系も、手でベタベタ触るとそこから雑菌が入り込み、繁殖してしまいます。望ましい状態での使用が難しくなるので、使用方法に気を付けて半年以内に使い切るようにしてください」

ファンデーションを使い切るまでに、備え付けだったパフ1枚だけでの運用をするのはとても危険! こまめに買い替えて、ファンデーションの劣化を進めないようにしましょう。

 

■アイメイク系コスメは3カ月での使い切りを!

アイライナーやマスカラといったアイメイク系の化粧品の場合、開封したら3カ月程度で使い切るのが望ましいとのこと。

「目の縁ギリギリまで使用するアイライナーやマスカラといったアイメイク系の化粧品は、より雑菌が繁殖しやすく品質が劣化しやすい商品です。マスカラを使っていて、容器の口が段々と閉まらなくなったな……と感じたことはありませんか?

それは、マスカラが容器の口に付着したまま乾燥し固まって、しっかりとフタがしまらなくなっていることを意味します。より酸化が進んでしまい、品質がどんどん落ちるので、容器がきちんと閉まらなくなったマスカラはもう使用しないようにしてください」

容器がしっかりしまるように、マスカラを使用した後は容器の口をチェック! もしマスカラが付いてしまっている場合は綿棒などで丁寧にふきとって、容器が正しく締まるように管理することを忘れずに。

また、ファンデーションのような粉系の化粧品よりも、リキッドアイライナーのような液体状のもののほうがより、雑菌の繁殖が早まってしまうとのこと。早めに使い切ること、そして正しく使用し続けることを忘れずに行いましょう。

 

いかがでしたか? 何気なく使っている化粧品ですが、実は使用期限があるということを知っていただけたかと思います。買いだめをせず、開封後は速やかに使いきるように心がけていきましょうね。

(ライター 清水希枝)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

勝ち組男を次々落とす、ミランダ・カー愛飲のコンブチャとは?

※ その黒ずみでレス一直線!デリケートゾーンをケアするジェルが話題

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

tagタグ一覧