自分の体重知ってる!?「ダイエットを決意したキッカケ」ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

20170113maki002できることなら、ダイエットなんて気にせずに、好きなものを好きなだけ食べてエクササイズもしないで過ごせたらイイのに……と思いますが、現実にはそんな風には過ごせないもの。

では、世の女性たちはどんなコトをキッカケとして、「ダイエットしなきゃ!」と決意するのでしょうか。

多くの女性が奮起するタイミングに「ま、いっか……」と先延ばしにしてしまえば、周りの女性に差をつけられてしまうかも!

そこで今回は、プラネットの「ダイエットに関する意識調査」をもとに、時短美容家の筆者が、女性がダイエットに興味をもつキッカケのトップ3をご紹介します。

 

■3位:昔の体型に戻したい

同調査内の1,095名の女性から回答を得た項目で、「ダイエットに興味を持ったきっかけは何ですか」と質問をしたところ、3番目に多かったのは「昔の体型に戻したいから」で38.1%が選択していました。

古い写真や動画を見たときに、「あれ? なんかわたし劣化してる……?」と自らの体型の衰えを痛感する女性もいるかもしれませんね。

加齢とともにボディラインの崩れは避けられませんから、「よーし。昔の体型に戻そう!」と思った瞬間に、ダイエットを決意する女性もいそうです。

このときに「ま。いっか……。もう歳だし」なんて思ってしまうと、ダイエットに着手するタイミングを逃してしまいそう。

 

■2位:服が入らない

続いて、同質問に対して40.1%の女性が選択し2位になっていたのが「服が入らないから」です。

少し前に買った洋服を着てみたら、ファスナーが閉まらない! なんて出来事をキッカケとして、ダイエットに奮起する女性も少なくなさそうですね。

パッと見ではポチャ化を感じなくても、洋服を着てみて違和感があったときに「ヤバっ……」と気付くものかもしれません。

このタイミングで「ま、いっか。この服はもう古いし」なんてスルーしてしまうと、ダイエットのキッカケを掴めないまま時間が過ぎてしまいそう。

 

■1位:体重が増えた

fotolia_132677412

そして、同質問に対して圧倒的な78.5%もの女性が選び1位になっていた理由は「体重が増えたとき」でした。

マメに体重計に乗らない女性ほど、久しぶりに計測した数字に衝撃を受けるものかもしれません。

「えー! こんなに増えてたんだ……」なんて現実を目の当たりにして、意を決してダイエットを開始する女性もいそうですね。

この場面で「ま。いっか~。まだ大丈夫よね」なんて見て見ぬフリをしてしまうと、さらなるポチャ化にまっしぐら……という展開もありがちかもしれません。

 

■ダイエットは「痩せればイイ」じゃダメ!?

ところで、「ダイエットをしよう」と決意すると、まず思いつくのが食事制限と運動ですよね?

しかし、ダイエットを意識するあまりにお肌をボロボロにしてしまう事態になれば、また新たな問題が勃発してしまいます。

『WooRis』の過去記事「“食事制限と運動”は最悪のペア!肌をボロボロにしてしまうダイエット法3つ」によると、次の3つのダイエットは体重が落ちても、お肌の調子が悪くなるリスクがあるので要注意なんです。

(1)○○だけダイエット

(2)果物をたくさん食べる

(3)食事制限をしつつ運動もする

カラダは痩せたけど、お肌はボロボロ……なんて結果は残念すぎます。ダイエットを開始する際には、栄養バランスにも気をつけつつ、健康にも配慮して無理な痩せかたをしないよう気をつけておきましょう。

 

いかがでしたか? 多くの女性がダイエットを意識し始めるポイントを逃してしまうと、次に始めるキッカケまでポチャ街道を進み続けることにもなりそうでコワイですよね。

あなたは、どんなコトをキッカケにダイエットを始めた経験がありますか?

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ エッ…排卵日当日より妊娠確率が高いのは「この日」と判明

※ 「体にいいからいくら食べてもOK」って本当!? フルーツに関する間違った知識3つ

※ ベビ待ちさん必見!「妊娠しやすい身体を作る」お助け食品4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 「子どもの身長が…」そんなお悩みを解決したA子ママの秘訣とは?

※ 朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

※ 心を残して別れた彼…お互いの離婚後に「運命の再会」を果たした秘密とは

 

【参考】

ダイエットに関する意識調査 – プラネット

tagタグ一覧