集客に悩むオーナー必見!コンサルに聞く「サロン経営」に失敗する人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

あなたの周りにもいませんか? ご近所のママを集めて、自宅サロンでお仕事をしているキラキラ女性。ネット集客コンサルタントの杉浦央晃氏によると、エステやアロマといった“自分の好き”を仕事にしようとする女性サロンオーナーが増えているのだとか。

しかし、杉浦氏のもとには同時に、集客や経営に困るオーナー達が連日押し寄せているのだとか。 憧れだったサロンが経営難に陥ってしまう原因は、どこにあるのでしょうか?

今回は経営難のサロンのオーナーを数々みてきた杉浦氏から、サロン経営に失敗する人にありがちな特徴を大きく2つお聞きしました。

 

失敗1:過去の経験を引きずっている

まず挙げられるのが、過去の成功体験を引きずってしまうケース。

「昔、管理職や店長などのポジションで働いていて、それなりにお金を稼いでいた人は、コンビニなどのパートは嫌がるもの。 さらに、仕事を教えていた立場にいたため、教わる側になることに耐えられず、自分でビジネスを立ち上げてしまおうと考えるのです」

しかし、過去の仕事で活躍した経験があっても、経営経験は無い人が多く、事業が傾いていく人が多いのだとか。

「最初は意気揚々とスタートするのですが、経営経験が無い事で資金がどんどんショートしていきます。その結果、慌てて我々コンサルタントへ立て直しを依頼するのですが、アドバイスを素直に受け入れてくれないケースが多々あります。 その結果、売上も更に悪化してしまうのです」

失敗2:他人の意見を素直に聞き入れない

扱う商品や仕事への熱意・技術があっても、経営やマーケティングに詳しいわけではないので、失敗する人が後をたたないそうです。

 「自分の知らない分野に関して、先人の言う事を素直に聞いて動ける人は、やはり結果が出ます。 愚直に行動するので、結果が出やすいのです。 一方、へたに成功体験があり、サロンで扱うものが好きという気持ちだけで事業を始めてしまった方は、なかなか結果に結びつかないことが多いです」

tagタグ一覧