そこでスタンプありえない!「ママ友から陰口を叩かれる」ウザLINE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

スマホ利用者の多くが使っているアプリ「LINE」。無料通話をはじめ、自分の近況を公開できる「タイムライン」や同時にたくさんの人々とやりとりができる「グループトーク」といった様々な便利機能がありますよね。

そこで今回は、20~40代の子育て中のママさんにママ友の中で「影口を叩かれる」危険性のある、イラつくLINEについて伺ってきました。仲が良さそうに見えても、内心「イラつく!」と思われているかも……? 早速チェックしていきましょう。

 

グループトークから抜け、「根回しLINE」

同じクラスの親同士であったり、同じ習い事のママ友だったりするとなにかと導入されるのがグループトーク。大勢で話がしたくなる気持ちもわかりますが、そこで総スカンを食らうのが怖いという人もいることでしょう。

風当たりが強くなることを避けるために、グループトークで意見をしないというリスク回避法があります。しかし、グループトークでは意見をしないくせに、個別にLINEを送ってきて持論を展開し、根回しをする人がいるというのです。

「みんなで話をしているときは相槌をうっているだけなのに、急に個別にLINEが来たと思ったら『本当はこっちがいいと思うから、一緒にそっちに投票しない?』といったように根回ししてくる人がいる。

同じような根回しが来た人が数人いて、その送り主は陰口叩かれてます。フェアじゃないから、イラつきますよね」(20代女性・専業主婦)

言いたいことは素直に伝えるか、飲みこむかのどちらかにした方が良さそうですね。下手に根回しをしてもすぐにバレて、一気に風当たりが強くなってしまうことがわかりました。

 

タイムラインが”のろけ話”だらけ

楽しかったことはつい、人に自慢したくなることでしょう。しかし、お子さんの活躍云々ではなくご主人とイチャイチャ……ラブラブ……な投稿ばかりをタイムラインに投稿していると、ママ友はドン引き。冷たい目で見ているのです。

「結婚記念日にこんなものを貰った!くらいの自慢なら可愛いものですよ。でも、しょっちゅう花貰ったとか服買ってもらったとか投稿されるとウザったい」(40代女性・パート)

あの人、またのろけてるよ……と影で笑われる危険性があります。LINEは純粋な連絡手段として使用している人が多いので、自慢話は適度にとどめ、他のSNSで行ったほうが無難です。

tagタグ一覧