「英会話がどんどん上達する人」が欠かさずやってる5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

外国人教師皆さん、新年の抱負は何を目標に掲げましたか? きっと「英会話の上達」を掲げた人も多いことでしょう。仕事はもちろん、海外旅行や今後の子どもの教育のことを考えると、これからの時代、やっぱり英語が話せることは必要不可欠ですよね。

すでに英会話スクールに通っている、もしくはこれから英会話スクールに通う予定という人もいると思いますが、同じようにスクールに通っているのに“どんどん英会話が上達する人”と“あまり上達しない人”がいるのは、ご存知ですか?

これは、個人の能力や英語のセンスの違いではなく、あることをやっているかいないかで上達に大きな差が出るんだそうです。

そこで今回は、大手英会話スクールで10年以上英会話を教えていた元講師の方に、“英会話がどんどん上達する人がやっていること”を教えていただきました。これらを参考に、ぜひ今年こそは英会話力アップを目指しましょう!

 

■1:英語で日記をつける

短くていいので、英語で日記をつけてみましょう。とはいえ、日本語で書く日記のように「どこどこに出かけた」といった特別なことを書くよりも、普段の生活について書いてみるのがおすすめ。

例えば、「お湯を沸かしてコーヒーを飲んだ」のような、普通のことでかまいません。これは日常会話として生活の中によく出てくるフレーズですが、「お湯を沸かす」「コーヒーを飲む」を正しく英語にできる人は意外に少ないはずです。

ここでわからなかった言い回しを、辞書やネットで調べたり、次のレッスンのときに先生に聞いてみたりするといいでしょう。

 

■2:とにかく単語をたくさん覚える

意外と知られていませんが、実は英語は日本語よりも一般的な日常会話で使われる単語数が多いんです。

ですので、英会話の上達には、単語量を増やすことが絶対条件。学生時代のテスト勉強や受験勉強を思い出しながら、しっかり単語を覚えていきましょう。

 

■3:休まず毎週レッスンに通う

「あたりまえでしょ!」と思うかも知れませんが、スクールに通う予定の人はまずはこれ。仕事や家庭で忙しいと、なかなか毎週きちんとレッスンに通うのは難しいものですが、“継続は力なり”という言葉のとおり、いちばん大切なのはきちんとレッスンに通うことです。

自分のできる範囲内でレッスンスケジュールを組み、最低でも週1回はきちんとレッスンを受けて、“実際に英語を話す”という機会を作りましょう。

 

■4:レッスンの復習をきちんとする

レッスンをただ受けるだけでは、英会話は身につきません。レッスンで習ったことは、家に帰ってしっかり復習しましょう。

新しく習った単語は、必ずメモ帳や単語帳に書き込んで、次のレッスンまでにきちんと覚えるようにします。

また、新しい文章の言い回しや知っている単語でのイディオムなども、いろいろなシーンを想定しながら単語を入れ替えるなどして、何度も声に出して練習してみましょう。

 

■5:レッスンでは恥ずかしがらずにどんどん話す

英会話のレッスンを受けているのに、恥ずかしがってなかなか積極的に話そうとしない人は多いもの。でも、英会話は実際に自分で話さなければ上達しません。恥ずかしがらずにどんどん会話を楽しみましょう。

単語が徐々に身についてくると、ちょっとくらい文法が間違っていても、会話が弾むようになります。単語がわからないときは、遠慮せずに先生に聞いてみてください。

 

いかがでしたか? お金を払ってレッスンを受ける以上、しっかりと英会話を身につけたいものですよね。すでにスクールに通っている人、またこれからスクールに通う予定の人も、上記の5つを実践して、どんどん英会話力を伸ばしていきましょう!

英会話の上達に悩んでいるご主人やお子さんに、ぜひアドバイスしてあげてくださいね。

(ライター 土田奈々子)

 

 

【Specialコンテンツ(PR)】

勝ち組男を次々落とす、ミランダ・カー愛飲のコンブチャとは?

※ その黒ずみでレス一直線!デリケートゾーンをケアするジェルが話題

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

tagタグ一覧