夕食後のみかんはダメ?「子どもの睡眠」を妨げるNG行為4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

近年、子どもの睡眠不足が問題になっていますが、お宅のお子さんは毎日、十分な睡眠時間と質の高い睡眠がとれていますか?

『WooRis』の過去記事「寝不足は絶対回避!子どもの成績も“睡眠時間”で左右されると判明」や「子どもは成長障害・大人は心筋梗塞に!? “不眠”がもたらす健康被害とは」にもあるように、子どもの睡眠不足は、心身の成長だけでなく、学校の成績にも悪影響を及ぼすことがわかっています。

子どもの睡眠不足は“百害あって一利なし”。学業はもちろん、子どもの心と体のすこやかな成長のためにも、親として子どもが十分な睡眠時間と質の高い睡眠をきちんと確保できる環境を整えてあげたいものですよね。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事と海外サイト『WOMANPRETTY』を参考に、子どもの睡眠を妨げるNG行為をご紹介してきます。

 

NG1:寝る前にみかんなどの柑橘類を食べる

みかん、グレープフルーツ、レモンといった柑橘類は、そこに含まれる酸に膀胱(ぼうこう)を刺激する作用があるため、寝る前に食べると夜中にトイレに起きる可能性が高くなります。

夜中にトイレに起きることは、子どもの睡眠を一時的に妨げることに。朝までぐっすり熟睡するためにも、みかんやグレープフルーツなどの柑橘類は、朝食やおやつの時間に食べるようにして、夕食後のデザートや寝る直前に食べるのはやめましょう。

 

NG2:ペットといっしょに寝室で寝る

犬やネコといったペットはもちろん、鳥やハムスターといった小型のペットも、夜中に鳴いたり、ガサガサと動くことによって、その音で子どもの睡眠を妨げてしまいます。

家族同然の大切なペットといっしょに寝たい気持ちはよくわかりますが、子どもにきちんと熟睡してもらうためにも、子どもが寝るときは必ずペットは寝室から出しましょう。

tagタグ一覧