それで家事メン気取られても!妻がダメ出しする「夫の家事」TOP5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

結婚生活において、“夫婦のどちらがどの家事をするか”は世界共通のテーマであり、また夫婦ゲンカの原因でもあると言えましょう。専業主婦なら夫の「家事は妻の仕事だろ」と言う主張は理解できても、共働きの場合は言い訳のしようがありません。

そこで、進んで、またはしぶしぶ家事を分担する夫も最近は多いようですが、妻の目から見ると「ふん、まだまだ甘いな……」と思うことは多くあるようです。

そこで今回は、『WooRis』が既婚女性476人を対象に実施した独自調査から、「夫が家事をした時に“ダメだこりゃ”と思うのはどんな点ですか?」という質問の回答をランキング形式でご紹介します!

 

5位:大したことをしていないのにドヤ顔をする(15.8%)

5位は「大したことをしていないのにドヤ顔をする」というパターンでした。

「ゴミをゴミ置き場に持っていくだけで家事メン気取りしてる!」、「食器をシンクまで持って行くだけで“俺も家事手伝ってるだろ”と言う」などという妻の嘆きが聞こえて来そうです。

ここで「そんなの家事とは言わないわよ!」とツッコミを入れたら「じゃあお前がやれば」と逆ギレしそうなのでグッと我慢。

一枚上手を行き「ありがとう! 助かるわ~じゃあ、次は●●もお願いね!」とおだてて分担を多くする作戦に出ましょう。

 

同率3位:ゴミの分別をきちんとしない(17.0%)

3位は「ゴミの分別をきちんとしない」でした。

ゴミの分別はきっちり守りたい妻に対して、適当にゴミを出されるのはイラッとするもの。

夫がゴミ捨てをしてくれるのはありがたくても、「間違ったものが入っているから、結局やり直しする羽目に……」という状況ではガッカリですよね。

ちゃんと教えてもちょくちょく間違うようなら、お風呂掃除など他の場所を担当させたほうがいいのかもしれませんね。

同率3位:トイレ・お風呂など汚れが残っている(17.0%)

「あなた、お風呂とトイレ掃除して~」と頼んで快くやってくれたのはいいけれど、後で見に行ったら汚れが残っていた……ということはよくあるようで同率3位に。

終わった後で「ちょっと、ここ汚れ残ってるわよ」と言うと「せっかくやったのに、何だよ」とふてくされる可能性大。

1回目は我慢して、次回やってくれるときにやんわりと「ここに汚れが残りやすいの。重点的にお願いね!」と先に根回しをしてみるといいかもしれません!

 

2位:整理整頓ができていない(17.2%)

2位は「整理整頓ができていない」。掃除をしてくれたのはいいけど、部屋の隅っこに置かれた雑誌の山がそのままになっていたり、古い書類が山積みになっていたり、はたまたタンスにきちんと畳んでいない服を押し込んでいたり……ということはありがち。

男性でも女性でも、「整理整頓がどうしても苦手で……」という人は存在します。元々苦手な人に頼んでも、残念ながらイライラするだけで埒が明かないかもしれません。

家事は得意な人が得意な分野を担当することにして、整理整頓が苦手なら掃除や洗濯係に任命するといいかもしれませんね。

 

1位:自分のしたいことしかしない(18.3%)

夫が家事をしたときに妻が「ダメだこりゃ……」と呆れる理由堂々のナンバー1は、「自分のしたいことしかしない」でした!

「ラクですぐ終わる家事しかしてくれない」、「車の整備や庭の手入れが“男がすべき家事”だと思っている」という場合もあるでしょう。

こんなときは、そんな心理を利用し、すべき家事全部を表にして、「この中でどれがいい? 先に5つまで選んでいいわよ!」と夫に先に選ばせてみては。ゴミ捨てや食器をシンクに運ぶなど“家事とはいえない”と妻が認定することはリストから外しておきましょう。

 

以上、妻がダメ出しする夫の家事ランキングをご紹介しました。「やだ、うちと同じだわ……」と思う妻も多いでしょう。しかし、「夫は全く家事をしない」と答えた17.9%よりは“まし”とは言える状況かも……!

ここで怒らず、夫を褒めてうまく家事メン化するよう誘導するのも、妻の手腕次第かもしれませんよ!

(ライター 相馬佳)