ママ友から「住む世界が違うわ〜」と距離を置かれるNG言動トップ5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「この人とは住む世界が違う!」と思ってしまうママ友っていませんか? 価値観が合わなくて付き合いづらい……と思っても、ママ友は他の人間関係と違って、子どもの友達関係が絡んできてしまうので、きっぱりと関係を絶つのは難しいものです。

また「もしかしてこんな風に感じるのは自分だけ?」なんて思うと、これから子ども共々長い付き合いになる可能性もあるので、他の人にはなかなか相談しづらいもの。

今回は、『WooRis』が子どもを持つ500人の既婚女性に、「年収格差を感じるママ友の言動」について独自にアンケート調査を実施しました。年収格差を感じて”付き合いづらい”と認定されてしまうママ友の言動と、そんなママ友と上手に距離をとる方法をお伝えします。

 

■年収格差を感じてしまうママ友の言動ランキング

学校や幼稚園・保育園で出会う人には様々な家庭の事情があり、金銭感覚も人それぞれ異なります。付き合いが浅く相手の事情がよく分からない状態でした何気ない言動で、相手の反感をかってしまっていることだってあります。

同アンケートから、世のママたちは、ママ友のどんな言動に年収格差を感じてしまうのか、調査結果をみていきましょう。

ワースト5位:費用を気にせず子どもを学費の高い塾に通わせている(18.3%)

ワースト4位:子どもに習い事をいくつもさせている(19.9%)

同率ワースト2位:洋服や持っているブランドバック・靴・ジュエリーなどの外見(21.8%)

同率ワースト2位:趣味が違う(21.8%)

ワースト1位:自分にとっては安くないのに「これ安いわよね」と言われた(25.7%)

高くて買い控えていたところに「これ安いわよね」と言われたら、年収格差を感じてしまい付き合いづらい人認定されてしまいそうですね。ほかにもママ友同士の茶話会でよく聞かれる、子どもの習い事や塾の話も格差を感じる人が多いようです。

無難に対応したい方は、まずは周囲の話や雰囲気に合わせていると良さそうですね。

 

■こんなママ友からはいずれフェードアウトしたい 

「子どもの友達関係に影響があったら困る」と考えて、ママ友からの誘いを断れずにいる方も多いのではないでしょうか。

ですが、会うたびに「うちはお金がないのに、また高いランチに誘われて無駄な出費をしちゃった」とか「買い物の自慢されたけどうちは買えないし」と悲しい気持ちになるようなら、思い切って距離を置いてみるのが幸せな場合もあります。

『WooRis』の過去記事「孤独のほうが幸せ!? 無理する位なら“ママ友と上手に距離をおく”コツ3つ」で紹介したママ友と上手に距離をおく3つのコツは次の通りです。

(1)長電話やLINEを切り上げる口実を考えておく

(2)ランチやお茶会は“姑”を口実に断る

(3)“笑顔であいさつ”は欠かさない

相手を不快にさせないような対応で、やんわりと遠ざけることがポイントのようです。徐々に誘いが少なくなって角が立たないようにフェードアウトできると理想的ですね。

 

以上、年収格差を感じて付き合いずらいとママ友から認定されてしまう言動と、そんなママ友との上手な距離の取り方についてご紹介しました。

このような言動を繰り返している人は、他のママからも敬遠されてしまうかもしれません。紹介した言動に心当たりがある人は、今からでも遅くないので言動を改めたほうが良さそうですね。

(ライター 大津留ぐみ)

 

【関連記事】

※ エッ…排卵日当日より妊娠確率が高いのは「この日」と判明

※ 「体にいいからいくら食べてもOK」って本当!? フルーツに関する間違った知識3つ

※ ベビ待ちさん必見!「妊娠しやすい身体を作る」お助け食品4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 「子どもの身長が…」そんなお悩みを解決したA子ママの秘訣とは?

※ 朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

※ 心を残して別れた彼…お互いの離婚後に「運命の再会」を果たした秘密とは