夫が考える「自分は家族にどう思われてる?」自己評価高すぎな回答がズラリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

20170126maki002あなたは夫に対してどのような思いを抱いていますか?

新婚当初は「運命の人! これ以上の男性はいないわ」と理想の夫だと思っていても、結婚して数年経てば「うーん。こんなはずじゃ……」などと感じがちですよね。

しかし、夫たちの自己評価は、思いのほか高いようなんです。夫が「家族は俺のことをこう思っているだろう」というホンネを知っておけば、接しかたにも工夫ができますよね。

キリンビールが子どものいる20~50代の有職男性934名に実施した「働くイマドキお父さん実態調査」の「自分は家族にどのように思われていると思いますか?」という問いへの回答をもとに、イマドキ夫たちの自己評価トップ3をご紹介しましょう。

 

■3位:「働き者」

同質問に対して282人の夫が選び3位になっていたのは「働き者」という自己評価です。

毎日家族のために一生懸命に仕事をしている夫ほど、「俺は、家族から働き者だと思われているんだろうなぁ」なんて思いを抱いているのかもしれません。

「えっ。なに言っちゃってるのよ!? 仕事と言いつつ、飲んでばかりじゃない!」なんて妻もいそうではありますが、必死に仕事をがんばっている自負がある夫ほど、自身が“働いていること”に強い自信がありそうですよね。

 

■2位:「頼もしい」

続いて、同質問に対して299人が選び2位になっていた自己評価が「頼もしい」でした。

「俺って、家族から頼りになると思われちゃってるんだろうな~」という期待を抱いている夫は意外と多いようですね。

やはり日本男児たるもの、家族を守り支えるという自負が強い男性が少なくないのかもしれません。

とはいえ、妻からすると「ウチの夫は、ここぞというシーンで頼りにならない……」なんてぼやきも聞こえてきそうではありますが……。

 

■1位:「優しい」

そして、同質問に対して1位になっていた自己評価が「優しい」でした。これは、ダントツの480人もの夫が選択。

「俺は子どもにも妻にも自分を犠牲にして、優しくしているからな~」なんて夫の声も聞こえてきそうな結果です。

優しい夫は愛妻家のイメージもあるだけに、意識的に優しく接している男性もいるかもしれませんね。

とはいえこちらも、妻からは「どこが優しいのよ!」なんて声が聞こえてきそうではありますが……。

 

■夫の自己評価ポイントは褒め言葉に使える!?

以上、世の夫たちが自己評価の高いポイントをご紹介しました。

人間は、自分が「認めてほしい」と思う部分を褒められると嬉しいもの。

だからこそ、これらの言葉をそのまま褒め言葉に置き換えて伝えるようにすると、夫婦関係の潤滑油になってくれそうですよね。

「あなたって優しいのね」「頼もしいわ」「働き者で素敵」などなど、少々アレンジして夫を褒めるようにすると良さそうです。

夫としても「妻は俺のことわかっているなぁ」と思ってくれる可能性が高いですよね。

 

いかがでしたか? 自己評価と他人からの評価は、意外と異なることも少なくありません。

妻としては「全然そういう感じがしない」と思う部分でも、夫としてみれば強い自負があるポイントもありそうですよね。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ エッ…排卵日当日より妊娠確率が高いのは「この日」と判明

※ 「体にいいからいくら食べてもOK」って本当!? フルーツに関する間違った知識3つ

※ ベビ待ちさん必見!「妊娠しやすい身体を作る」お助け食品4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ その黒ずみでレス一直線!デリケートゾーンをケアするジェルが話題

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

※ 美魔女のキレイの秘訣!? あの高級食材をつかった美容術

 

【参考】

※ 働くイマドキお父さん実態調査 – キリンビール