ミニカーは100均のケースに!「子どもが片づけしやすくなる」収納テク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Little boy playing with toy cars小さい子どもは“散らかし”のプロ。遊びたいものを引っ張り出して、違うところに興味が向けば放ったらかし……片づけを根気よく教えることは親としての大事な務めですね。

そのためには、まず環境を整えることが必要。環境一つで、親自身のモチベーションと子どもの意欲を引き出すことができるのです。

そこで今回は、12月22・23日に二子玉川で行われた『mama fes work shop LAB』で、整理収納アドバイザーの小脇美里さんがお話しした“片づけ育”のメリットと、そのための環境作りについてお伝えします。

 

■片づけは子どもの自立心を育む

片づけができれば、家をきれいに保つことができますが、なにもそれだけが子どもに片づけを教えるメリットではありません。

親に教えてもらったように片づけができたとき、子どもは「できた!」「仕舞えた!」と達成感を味わうことができます。これは子どもの自立心に繋がるのです。子どもの心の成長という面でも、片づけは親子の大事なコミュニケーションといえるでしょう。

もちろん片づけされた部屋は居心地のいいもの。親としてはきれいな部屋でイライラすることもなく、子どもも片づけができれば「片づけしなさい!」と言われることもありませんので、親子ともにノンストレスで過ごすことができるのです。

 

■子どもが片づけしやすくなる収納テク3つ

では、子どもが片づけしやすい環境とはどういったものでしょうか?

重要なのは、子ども自身の手が届くところに収納させることです。とはいえ、手が届くものの収納しにくい場所というのもNG。子ども自身が自分で片付けできるようになるためには、手の届く範囲に“わかりやすく”、かつ“仕舞いやすく”です。

具体的な収納テクを見ていきましょう。

(1)おもちゃはざっくり分けてラベリング

おもちゃと一口に言っても、おままごと、電車、ブロックなど、多くの種類があります。分け方はその子の月齢に合わせて、またご家庭の収納場所に合わせて、ご家庭に合った分類をしてください。

ざっくりでも分けて、収納ごとにラベリングを行います。ものが片づかない理由の多くは、そのものの収納場所が決まっていないということ。反対にいえば、すべて収納場所が決まっていれば、スムーズに仕舞うことができるのです。

以下の写真は、小脇さんのご自宅の、子ども服や小物類をBOX分けしてラベリングしている様子です。写真はおもちゃではありませんが、手の届く範囲にはっきり分類された収納場所が配置されています。1歳のお子さんでも、片づけのみならず、出かけるときの準備まで自分でできてしまうそうです。

_j0a5157

文字が読めないお子さんの場合、おもちゃの写真をラベルとしてBOXの外側に貼っておくと、片づけしやすくなります。

カードケースを両面テープで貼っておけば、入れるものが変わったときに写真を入れ替えるのも楽ちんです。

(2)絵本もBOXで収納

先ほどの写真の右側は絵本収納となっています。注目すべきは下段の収納BOX。こちらの中身も絵本です。

_j0a8074ただ棚に絵本を並べただけでは、何冊かとったときに斜めに倒れてしまいますよね。そこに絵本を戻すのは、子どもにとっては難しいものです。

そこで、収納BOXに絵本を入れ、読むときには収納BOXごと取り出し、しまうときにもそこに放り込むだけにしてあげます。こうした単純作業で済む片づけのほうが、子ども向きといえるのです。

(3)ミニカーはこうして片付ける

男の子がいるご家庭だと、ミニカーがたくさんあることも多いですよね。

筆者の家も例外でなくミニカーが相当数あり、ただただ大きなBOXに放り込んでいました。しかし、そうなると遊びたいミニカーが欲しいときにBOXの下のほうに潜り込んでいるなど、使わないものまで出して取り出さなければならず、無駄に散らかっていました。

そんな悩みを解決してくれたのが、小脇さんおすすめの100均で手に入るファイルケース。

dscn2555

例えばトミカのミニカーであれば高さがぴったりで収納しやすく、また透明ですから一目見ただけでどこに何があるかわかります。

ちなみにこのイベントでは、そこで実際にミニカーで遊んでいた参加者の小さな男の子が、そのファイルケースに自発的にお片づけをし始めました。その男の子のママによると、「お片づけする姿を見たのは初めて!」とのこと。即実践したくなりますね!

 

いかがでしたか?

なお、子どものものはどんどん増えていきますが、収納BOXに入る量以上のものをもたないようにするのがコツとのこと。

入らないものは子どもと相談して、誰かにあげたりリサイクルに回すなどすると、新しいおもちゃを選ぶときにも慎重になりますよ。

(ライター 沖田かへ)

 

【取材協力】

※ 小脇美里・・・高校時代に読者モデルとして活躍後、CanCamのファッションエディターに。フリーになってからはエディター業のほか、ウェディングドレスブランド“heureux de Misato Kowaki”のデザイナー、人気アーティストのスタイリスト、女優・俳優などの写真集・広告ディレクション、著書『PERFECT WEDDING BOOK』を出版するなど多岐にわたり活躍。出産後は整理収納アドバイザーとしてセブン&アイグループで収納アイテムをセレクト。近著に『モノトーン収納でラクする片づけ』(小学館)。

mama fes – エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社

 

【関連記事】

※ エッ…排卵日当日より妊娠確率が高いのは「この日」と判明

※ 「体にいいからいくら食べてもOK」って本当!? フルーツに関する間違った知識3つ

※ ベビ待ちさん必見!「妊娠しやすい身体を作る」お助け食品4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 毎日飲むだけ!女性でもつい「触りたくなるバスト」へ導くサプリメントとは

※ 美魔女のキレイの秘訣!? あの高級食材をつかった美容術

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

tagタグ一覧