髪パッサパサ!冬の髪の悩み「静電気」を抑えるヘアケア4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

寒い日が続きますが、冬は髪がまとまりにくいと感じることはありませんか?

冬場は空気が乾燥している分、髪の毛も水分不足になり、その結果静電気が発生。その結果、髪が思うようにまとまらないというわけです。

寒い上にスタイリングがいまいち……外出するにもテンションがあがりませんよね!

そこで今回は、都内のヘアサロン『Hair SENSE』の店長を務める入口雄太さんに、静電気を抑える基本ヘアケアのポイントを4つ

ついてお伺いしてきましたのでご紹介します。

 

1:洗い流さないトリートメントを使用する

洗い流さないトリートメントは、髪表面をしっかりと保護してくれるので、静電気に加えてドライヤーの熱からも守ってくれます。

静電気が起こるのは水分量が適切でないということですから、ダメージを受けやすい状態といえます。洗い流さないトリートメントを使用することで、髪をダメージから守ってくれますので、静電気対策として是非使っておきたいところです。

 

2:ヘアオイル・ヘアクリームを使用する

髪の毛専用のオイルやクリームも、静電気発生の抑制に一役かってくれます。

お風呂上がりのドライヤー前、朝のスタイリング、それ以外にも髪の乾燥が気になったときと、使いやすさが魅力です。髪に少量つけたら、ブラッシングして髪全体にいきわたるようにしましょう。

乾燥が気にならない時期でも、ヘアオイルを使うと髪がしっとりしてツヤもでますので、年間通して持っておくと便利ですね。

tagタグ一覧