その下着…ないだろ!夫が嘆く「妻の女子力の低さ」1位が悲惨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

思い切りお洒落をして、ヘアやメークにも気を遣ってデートをしていた恋人時代。しかし結婚後は当然毎日一緒にいるわけで、いつも格好をつけているわけにもいきません。たまには見たくない場面を見て、お互いに「ゲッ!」と思うこともあるでしょう。

では夫はいったいどんな場面で妻に対して「うわっ、女子力低っ……!」と絶句しているのでしょうか?

今回は、『WooRis』が既婚男性500人を対象に実施した「あなたが妻を見て、“女子力低いな”と思うのはどんなときですか?」という質問の回答をランキング形式でご紹介しましょう!

 

5位:古い下着やデカパンを履いているとき(10.4%)

夫が妻に「女子力低いな……」と思う第5位は、「古い下着やデカパンを履いているとき」でした。

夫としては、妻に対していつまでも色っぽい存在でいて欲しいもの。それなのに、いくら保温性があるからといって「妻がおへそまで隠れるデカパンを愛用中」なんて状況では夫もガッカリしてしまうようです。

結婚してもお互いを男と女として意識する関係でいたいもの。ラブラブ夫婦のスタートはまず“可愛くてセクシーな下着から”かもしれませんよ!

 

4位:言葉遣いが悪いとき(11.6%)

4位は「言葉遣いが悪いとき」でした。誰でもカッとしたりすると、たまに言葉が悪くなってしまうこともあるでしょう。しかし男性は一般的に言葉遣いの悪い女性を「女性らしくない」と思ってしまうようです。

妻が「ったく、うぜーんだよ!」などと言っていたら、夫もビックリしてドン引きしてしまいそう。怒った時は、深呼吸したり、いったんその場を離れたりすると冷静に考えられるようですよ。

 

3位:般若のような顔で怒鳴っているとき(12.6%)

そして夫が妻に対して「女子力低い……」と引く3位は、「般若のような顔で怒鳴っているとき」。

「帰りが遅くなると“遅いじゃない!”とすごい剣幕で怒られる」、「自分はともかく、まだ幼い子どもに向かってすごい顔で怒鳴っているのを見ると……」などと複雑な心境に陥る夫も多いようです。

仕事や家事、育児でストレスが溜まっていたら、怒鳴りたくなることもあるでしょう。しかし、それで女子力を疑われては損なので、冷静になれるよう別のところで憂さを晴らす方法を見つけましょう。

tagタグ一覧