夫の年収と離婚率は関係あり?離婚経験者に聞く「夫の年収」1位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

離婚に至る要因には、性格の不一致をはじめとして様々な理由が挙げられるもの。「収入が高いと離婚しにくい」なんて話も都市伝説的に言われていますが、年収と離婚の関係も気になりますよね?

確かに、お金があればある程度“生活の安定”が見込めますから、収入があるほど夫婦関係で我慢できるポイントが増えても不思議ではありません。

そこで今回は、『WooRis』が500名の女性に行ったアンケート調査結果をもとに、“離婚に至りやすい夫の年収”ワースト3を見ていきましょう。

 

離婚経験のある女性はどのくらい?

まず、同調査で「あなたには離婚経験がありますか?」と質問してみると、「ある」は63名と12.6%という結果に。

そこで、離婚経験者の女性たちに「当時の夫の年収」を聞いてみたところ、意外な実態が浮き彫りとなったのです!

ワースト3位:700~1,000万円未満

離婚経験者たちに「離婚当時の前夫の年収を選んでください」と質問したところ、ワースト3位には「700~1,000万円未満」が選ばれ14.3%が選択する結果に。

年収700万円~1,000万円ゾーンは、現代の平均年収よりも高いものの、意外にも離婚に至っているケースが少なくありませんでした。

平均よりもやや余裕のある生活ができるレベルではありますが、「なんでも我慢できるほど、豊かな生活ではない」なんて思いから、離婚に至ってしまった夫婦もいるのかもしれません。

 

ワースト2位:300~500万円未満

続いてワースト2位になっているのは「300~500万円未満」で、31.7%が選択する結果になっています。

仮に、妻が専業主婦で夫が500万円未満の年収で子どもがいると、そこまで裕福な生活はおくれない年収ゾーンですよね。

やはり、裕福な生活が送れるわけでもないのに一緒に生活するのに困難と感じる事情が生じると、離婚に至るパターンも増えてくるのかもしれません。

tagタグ一覧