歯科医師に聞く!歯ブラシの正しい「選び方・保管方法・交換時期」

毎日何気なく使っている歯ブラシですが、歯ブラシの選び方や保管方法・交換時期はコレで良いのか、自信がないという人も少なくないのでは? そこで今回は、富山県にある渡辺歯科医院で院長を務める歯学博士の渡辺智良先生に取材した『WooRis』の過去記事から、歯ブラシに関するアレコレをまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

歯ブラシの選び方

お店へ行くと沢山の歯ブラシが売られているので、何を買ってよいか迷ってしまいますよね。そこで過去記事「歯科医は絶対選ばない!実は“役に立たない歯ブラシ”の特徴3つ」の中から、渡辺先生がオススメする歯ブラシの選び方を紹介します。

(1)毛先は山切りではなくフラット

(2)毛先が細いタイプではなく、普通の太さのタイプ

(3)毛先の硬さは普通

なぜこれら3つを選ぶ基準にするとよいかというと、歯垢を落とすためには、毛先が歯に直角に当たった状態でこする必要があるから。毛先が極細毛などで細かったり、山切りにカットされていたり、柔らかすぎたりすると、磨くときに毛先が寝てしまい上手に磨けないそうなんです。

ちなみに硬さに関してですが、毛先が硬すぎると、磨く際に力を入れすぎる人は歯茎を傷つけてしまうリスクがあるので、普通の硬さを選びましょう。

 

歯ブラシの間違った保管方法

せっかく買った歯ブラシも、正しい保管方法をしなければ、すぐに傷んでしまいますし不潔です。

そこで過去記事「歯科医は絶対選ばない!実は“役に立たない歯ブラシ”の特徴3つ」の中から、保管方法はどうすればよいのか、NGポイントを3つお伝えします。

(1)家族全員で同じコップに歯ブラシを入れている

(2)洗面台の鏡の裏に入れている

(3)古い歯ブラシを捨てずに、新しい歯ブラシと一緒に保管している

1つのコップに家族全員で歯ブラシを入れていると、それぞれの歯ブラシに付着した雑菌が歯ブラシ同士で感染してしまいます。

また、洗面台の鏡の裏に置いておくのがNGな理由は、通気性が悪く、細菌が繁殖しやすい場所だから、とのことです。