「くわえ飲み」してない?子どもが使いやすい水筒の選び方

学校で喉が渇いたら、以前は “水飲み場で水道水!”が主流でした。 しかし最近は水筒にお茶やお水を入れて持たせる親も多く、水筒持参を義務化する学校もあるとか! でも「子どもに安心な飲み物を」と持たせた水筒が、かえって不衛生になっていたらショックですよね。 そこで今回は、WooRisおすすめの子ども用水筒の選び方をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

水筒は毎日しっかり洗っているけど…本当にそれだけで大丈夫?

『WooRis』が小学生の子どもがいる母親79名を対象に実施した「子どもの水筒利用」に関するアンケート結果をご紹介しましょう。

まず、「子どもが学校に通う際に水筒を持たせていますか?」と尋ねると、62.0%が「持たせている」と回答。 子どもに水筒を持参させる家庭は思ったよりも多いようです。水筒の中に入れる飲み物は「お茶」が73.5%、「水(水道水)」が14.3%、「ミネラルウォーター」が8.2%という結果に。

次に、「子どもの水筒の衛生面について気にしたことはありますか?」と尋ねると、約7割(69.4%)の母親が「ある」と答えています。 やはり、子どもが毎日口に入れるものは気になっている様子で、洗い方に関しては、「常に消毒する」「洗剤を必ずつけてブラシで中まで洗う」「蓋を毎日殺菌する」という声が挙がりました。

ご覧のように、水筒の衛生面までしっかり気を配れているお母さんも多く、毎日の子どもの生活を気遣う様子が伺えますね。

しかしどれだけ水筒自体を毎日キレイに保っていても、子どもの“ある飲み方”に不衛生なイメージを抱く母親がいるのです。 その飲み方とは、一体どんな飲み方なんでしょうか?

 

“くわえ飲み”をする子どもはなんと4割(※1)、母親からは「不衛生そうなイメージ」の声

その飲み方とは“くわえ飲み”のこと。 くわえ飲みとは、水筒の飲み口全体を唇で覆って飲むことを指します。

この“くわえ飲み”に対して、お母さんからは「逆流していそうな気がする」「不衛生そう」という声があがっているのです。

 

子どもの水筒で気をつけたいポイント2つ

冒頭のアンケートの通り、子どもに持たせる水筒を毎日きちんと洗っているお母さんにも、さらに気をつけてもらいたいポイントを2つお伝えします。

(1)くわえ飲み

象印がおこなった調査によると、全体の約4割(※1)の子どもたちがくわえ飲みをしているようです。

先程の「不衛生そうなのでやめさせたい」という声に加えて、「飲み口を完全に塞いでしまうので飲みにくい」という意見もあるようです。 子どもが息つぎをして飲んでいる姿は、なんとも飲みにくそうですよね。

(2)水筒のサビ対策

また特にお子さんがスポーツをするご家庭で、“スポーツドリンク”を水筒にいれて持たせているお母さんは水筒の内側にも注意です。 塩分を多く含むスポーツドリンクには、しっかりとしたコーティングが施された水筒でないと、場合によってはサビの原因にもつながりかねません。

→おすすめの水筒はコレ!

 

新しい飲み口で安心!2WAY ステンレスボトル

そこでお薦めしたいのが、象印が研究を重ねた末に開発した新モデルの子ども用水筒『2WAYステンレスボトル』です!

2WAYステンレスボトル』は、子どもの口周り寸法計測や水筒の飲み方、試作品の検証、子どもへのアンケートなどを通し、“子ども目線“で改良された使いやすく機能性の高い水筒です。

従来の飲み口を改善したスムーズダイレクト飲み口と、コップが付いた使いやすい2WAYで、しかも軽量。さらに飲み口、コップともAg+抗菌加工(※2)です。 年齢に合わせて異なるサイズも用意し、学校やスポーツ、遠足などあらゆる状況に対応します。

左:SD-ED型 右: SP-JA 型

前述の“くわえ飲み”対策として、スムーズダイレクト飲み口では、飲み口を大きく角度をつけて設計。

くわえ飲みにならないよう配慮し、空気の通り道も確保してスムーズに飲み物が出てくるデザインに改良しました。

その結果、

「今までのボトルより飲みやすい!」

「いっぱい出てくるから好き」

「今までより早く飲める!」

と、『2WAYステンレスボトル』を試した子どもたちもこの新しい飲み口を支持。

また保護者からも、

「くわえ飲みをしていたが、飲み物が口に入っていかないようで気になっていた。これなら普通に飲めそう」

「くわえ飲みをすると、いったん口に入った飲み物が逆流してボトルの中に入ってしまうようで、不衛生だと感じていた。やめさせたかったので、使わせたい」

と好評価を得ることができました。また軽量で持ち運びしやすく、デザインと柄がお洒落なのも、子どもたちに喜ばれているようですよ!

また内面の“2倍フッ素コート(※3)”でサビに強く、スポーツドリンクを入れても大丈夫。

さらに高い保温力と保冷力を実現したことで1年中使えるため、とっても便利な水筒なんです!

学校で毎日水筒を使う時代、使いやすく清潔に保てて、長持ちする水筒を選ぶことは親としての必須課題。

象印の『2WAYステンレスボトル』は、親も子も大満足する新世代の水筒なのです!

 

(※1)ネットアンケート調査 就学前児童~小学生 N=78 – 象印調べ

(※2) 試験機関: 一般財団法人ボーケン品質評価機構 試験方法: JISZ2801に基づく 抗菌の方法: Ag+ 抗菌の対象部分: せん(飲み口)、コップ 試験結果: 99.9%の抗菌効果 試験番号:20215002351-1

(※3) 2倍フッ素コートとしていない象印従来品との比較。長時間塩分にふれるとサビの原因となる可能性があります。

 

【提供】

2WAY ステンレスボトル – ZOJIRUSHI

Sponsored by 象印マホービン株式会社

tagタグ一覧