これが正解!歯科医師が教える「正しい歯磨き粉の選び方」

歯磨き関連のケア商品はいろいろとありますが、数ある選択肢の中からどういった歯磨き粉やマウスウォッシュをチョイスすればいいのでしょうか? 判断に苦しむ瞬間もあるはず。今回は『WooRis』が過去に配信した記事の中から、富山県で渡辺歯科医院の院長を務める歯学博士の渡辺智良先生に取材をした、歯磨き粉とマウスウォッシュに関する記事をまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:正しい歯磨き粉の選び方

最初は歯磨き粉について。ドラッグストアに行けば各社の商品が並んでいますが、どのような点に注意して選べばいいのでしょうか?

過去記事「磨きのプロが伝授!失敗しない歯磨き粉と歯ブラシの選び方」では、渡辺先生に失敗しない歯磨き粉の選び方を聞いています。注意点は主に2つ。

(1)無水ケイ酸Aなど研磨材の入ったペースト状の歯磨き粉である

(2)フッ素が入っている

そもそも歯磨き粉は、歯垢の中でウジャウジャと活動する細菌を撃退するためにあります。

過去記事「それじゃ歯垢は取れない?歯科医が語る“バイオフィルム”の実態」でお伝えしたように、細菌はバイオフィルムというバリアに守られているため、歯磨き粉に含まれる研磨剤と歯ブラシの毛先でこすって、バリア機能を破壊しなければいけないそう。

ジェルタイプの歯磨き材や、うがいをするだけのオーラルケア用品では、歯磨きが不十分になる恐れもあるとのことです。

また、虫歯予防にフッ素は大きな役割を果たしてくれます。歯の表面が再石灰化する際にフッ素イオンが役立つからなのだとか。 その意味でフッ素が入っている点も譲れませんね。

 

2:正しいマウスウォッシュ(洗口液)の選び方

では、マウスウォッシュは何を基準に選べばよいのでしょうか?

マウスウォッシュに関しては使っている人、使っていない人、さまざまかと思いますが、過去記事「その使い方じゃ意味なし!歯科医が指摘“マウスウォッシュ”NG使用法3つ」では、

フッ素入りである

という点が重要視されています。

歯科医院で販売されている商品を除き、マウスウォッシュのほとんどは、フッ素が含まれていないそう(一部例外あり)で、歯磨きをした後にマウスウォッシュをしても、歯磨き粉に含まれていたフッ素まで流れ出てしまうのだとか。

それならば、かかりつけの歯科医院で買った方が手っ取り早く安心だという人も多いかもしれませんね。

ちなみに渡辺先生によれば、マウスウォッシュだけではバイオフィルムに守られた虫歯菌などを撃退できないそう。

まずは歯ブラシと歯磨き粉でプラークを破壊し、フィルムの中に巣食う細菌を撃退し、その上で、お口の中に投げ出されて遊離する菌を、マウスウォッシュで退治するといいとのことです。

 

以上、正しい歯磨き粉の選び方、マウスウォッシュ(洗口液)の選び方を紹介しましたが、いかがでしたか?

ぜひ歯磨き粉とマウスウォッシュを買うときの参考にしてみてくださいね。