それ聞きます?「小学校の先生」が困った親からのクレーム3つ

小学校に子どもを通わせている皆さん。わが子の将来を思うあまり、教師に対する言動に熱が入りすぎていませんか? 行き過ぎると先生たちから、敬遠されてしまうかも……。今回は関東の某小学校で教師を務める現役の先生に、「こんな人は困る……」という親の共通点を教えてもらいました。うっかり自分がしていないか、是非チェックしてみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:わが子の成績ダウンを納得しない

最初は子どもの成績ダウンについて。確かに中学受験などを考えているご家庭からすれば、子どもの成績ダウンは深刻な問題でしょう。

三者面談などで先生に異議を唱えたくなる、その気持ちも分からなくはありませんが、先生にとっては「困ったな」と敬遠されている様子です。

学年が変わるとガラッと成績が落ちることも

「成績は、学年が上がると、急に下がることもあるのです。学年が上がり、学習内容が増えると、曖昧な部分を残している子は、どうしても理解している子どもと徐々に差が出てきます。今は各評価基準で細かく絶対評価していることも理由としてあります」

にもかかわらず、去年までの成績の延長で「今年の成績も悪くはならないだろう」と考えてしまい、下がった成績に対して納得がいかない親御さんも一部いるようです。

「特にこうしたケースは、お子さんの成績が標準よりも少し上の家庭に多いです」との言葉も。

教育熱心になって、お子さんの成績に一喜一憂してしまう親御さんは、ちょっと要注意のポイントですね。

 

2:クラス編成に自分の意見を入れようとする

次はクラス編成について。一部の親御さんからすれば「あそこの家の子とは、できれば一緒のクラスにしてほしくない」などといった本音もあるかもしれません。

しかしその考えを、実際に三者面談の場で先生に求めるとなると、話は違ってきますよね。

クラス編成の希望を伝えられても…

「他に三者面談で困ることと言えば、クラス編成についてです。“あの子と一緒にしてくれ”だとか、“あの子と離してくれ”だとか、クラス編成についての希望を求めてこられる親御さんがいます。ですが、“はい”とは言えるわけもなく」

常識的に考えて自分の意見がクラス編成に反映されないことは、親自身も分かってはいるはずです。にもかかわらず口にしてくる親に、ちょっと教師としては困ってしまうのでしょう。