近年増加…「一人暮らし」は老け顔になりやすいという事実が判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

職場や学校などの事情でひとり暮らしする人も多いのではないでしょうか。実際に、1980年の単独世帯は711万世帯でしたが、2005年には1,446万世帯とちょうど倍となっています。さらには、2030年の間までには1,872万世帯と予測されているほど、ひとり暮らしをしている人が増えてきています。

ひとり暮らしは自由というメリットもありますが、美のためには大きなデメリットがあるのです。

 

■老け顔はひとり暮らしの影響だった!?

ひとり暮らしをしていると、家で話したり、笑ったり、怒ったりという表情を作る機会が減ってしまいます。そうすると、顔の表情を作り出す表情筋が衰えてしまい、顔全体が垂れた状態になりやすくなってしまうのです。

■出不精が老化を促進

外出するということは、何かしら移動をするということ。その事で使われる筋肉が、家の中では使われなかったりします。

さらに、人と会わないということで、化粧を怠ったり、お洒落をしようとする意欲が減り、老化を促進させてしまいます。外出しない事も老けやすい要因なのです。

■ひとり暮らしでも老けない生活を

ひとり暮らしや、ひとりでいる機会が多い場合は、テレビを見て大声で笑ったり、友達と電話で話したり、鏡をみて笑顔を作る練習をしたりしましょう。これらのことが表情筋を鍛え、ハリのある顔を作ることが出来るのです。

また、身体の許す限り、休日は身体を動かしたり、外出しましょう。脳と身体に刺激を与えることが、衰えを制御する事になります。刺激を受けるというのは、筋肉だけではなく、脳も鍛えることができ、若さを保つ秘訣になります。休日やアフターファイブを楽しめるように計画する、時間の使い方を考えることも若返りのひとつです。

いかがでしたか。これらの対策は簡単にできることばかりです。ぜひ、実践してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 猛暑につき要注意!「汗」はかき方次第で命の危険も!?

シミには●●を食べるべき!紫外線をカラダの内側からケアする方法とは

正しく使えている?間違った紫外線対策が老化を早める

当てはまってない?男性が「オバサン」だと思う女性の特徴5つ

 

【参考】

日本の世帯数の将来推計(全国推計) ‐ 国立社会保障・人口問題研究所