コーヒーもNG?いつまでたっても疲れがとれない意外な原因7つ

by MOE |

健康・病気, , ,

嫌な事や悲しい事など、特にこれといった理由がないにも関わらず、何をするにも面倒臭くて、力がでないという時はありませんか? そんな時、すぐに病院に行く人も多いのですが、病院に行っても改善されないかもしれません。そんな毎日を過ごすのもつらいですよね。

実は、エネルギー切れで疲れているときは、日常生活にある意外な原因がもととなっていることがあります。その意外な原因を英語圏の情報サイト『FITNEA』をもとに7つ紹介しますので、ご自身の状態に当てはまるか、チェックしてみてください。

 

■1:ジャンクフードの食べすぎ

ジャンクフードは食べた時は美味しくて一瞬、元気になった気がしますが、実は身体を疲れさせる食材です。ジャンクフードに含まれる大量の炭水化物は、消化をするのに多くのエネルギーを使います。

食べてしばらくすると無気力で疲れて、眠くなってしまうといった経験はありませんか? それは、身体が大量の炭水化物をエネルギーに変える事に忙しく疲れ切ってしまっているからです。

 

■2:エクササイズ不足

全く運動をしていないと、少しエネルギーを使っただけで疲れやすくなります。エクササイズの習慣を重ねると、エンドルフィンが放出され、筋肉が作られます。その結果、疲労感をすぐに感じる事はなくなります。基本的なストレッチ等の運動で良いので、毎日行う習慣をつけましょう。

 

■3:睡眠不足

睡眠はエネルギーを作り出す基礎です。夜に睡眠をきちんととらないと、身体は回復されません。今の睡眠時間で満足感を感じてない人は、あと30分長く眠ってみてください。女性も男性も7~9時間の睡眠が必要です。

そんなに長時間の睡眠をとる時間がない人は、10~20分の昼寝をしてみてください。その短時間の睡眠で疲労感が消えます。

 

■4:朝食をシリアルのみ

朝食は一日のエネルギーとなるため必要です。しかし、手軽なシリアルは食べてすぐにエネルギーを補充できますが、数時間経つとなくなってしまいます。朝食時に全粒穀物や卵をとると、一日を通して、よりエネルギーが保てます。

 

■5:コーヒーの飲みすぎ

朝の一杯のコーヒーはコルチゾールとアドレナリンを刺激します。しかし、コーヒーの過剰摂取は逆に眠くなってしまうのです。コーヒーの過剰摂取はこれらのホルモンを使い果たし、エネルギーがなくなり身体を疲労させてしまいます。

 

■6:栄養不足になっている

身体に必要な栄養素が不足していると、エネルギーがもちろんでません。特に、マグネシウムの不足は一日中眠くなります。緑黄色野菜やインゲン豆を多くとるように意識し、あらゆる種類の食材をまんべんなく摂取しましょう。特に日中はローフードを中心に食べてみてください。

 

■7:過剰なストレス

多少のストレスがある事はしょうがないのですが、常にストレスを感じている状態は疲労に繋がります。ストレスを感じているとき、脳はアドレナリンの影響で大量のエネルギーを使います。

ストレスをできるだけ取り除くようにするには、瞑想と深呼吸を試しましょう。そうする事で自分のストレス状態を客観視する事ができ、ストレスにも強くなれます。

 

いかがでしたか? 特に、栄養面でマグネシウムが不足している女性は多いので、意識して摂取しただけで疲れにくくなったという声も良く聞きます。困った時は、ぜひ、この7個を見直してみてくださいね。

 

【関連記事】

本当に風邪?「HIV感染」しているかもしれない12個の症状

サラダやプロテインバーもNG?体重を増やすヘルシー食品10個

食育にもなる?健康を考える親子が実践すべき○○とは

あの健康食品もNG!? お腹の調子が悪くなる危険な食べ物15個

60%の人が悩んでる太りやすい体質を抜け出すカギは「EPA」

 

【参考】

7 Reasons You Don’t Have Energy To Do Stuff ‐ FITNEA

 

【画像】

Síndrome feliz