実は「ヤバいストレス」を抱えている人に現れる体の症状9個

by 中田綾美 |

健康・病気, ,

ストレスはさまざまな心身の不調をもたらす元凶。なるべくためこまないようにしたいものですよね。

ただ、恐ろしいのは、本当に深刻なストレスは本人も自覚できないことがあるという点。ハードワークで自分を顧みる余裕もない場合などは、知らず知らずのうちにストレスをためこみ、ある日突然、体が悲鳴をあげる……なんてことが少なくありません。

そこで当記事では、英語圏の健康情報サイト『Prevention』から、無自覚に深刻なストレスを抱えている人に現れる症状9個をお届けしたいと思います。

 

■1:休日に限って頭痛がする

休日に限って謎の頭痛に悩まされるのは、実は平日に仕事などで過酷なストレスにさらされている可能性があります。休日に急激にストレスがなくなることで、脳がバランスを失って偏頭痛を引き起こすことがあるのです。

 

■2:生理痛がひどい

深刻なストレスを抱えている女性は、通常よりも生理痛のリスクが2倍高まるとのこと。

適度な運動は、ストレス解消になるとともに、女性ホルモンのバランスも整える効果もあるので、休日にはスポーツジムなどで汗を流してみてはいかがでしょうか。

 

■3:顎が痛い

顎の痛みは、ストレスによる就寝中の歯ぎしりが原因と考えられます。歯ぎしりは、歯自体にも大きな負担をかけてしまうので、歯科医に相談してマウスピースを作ってもらいましょう。

 

■4:悪夢をよく見る

ストレスを抱えていると、悪夢にうなされて夜中に目が覚めてしまうことがあります。

ぐっすり深く眠ると、あまり夢を見なくなるので、「やらなきゃ損!誰でも簡単に寝つきをよくできる方法7個」などを参考に、良質な睡眠をとるように心がけましょう。

 

■5:歯周病になる

ブラジルで行われた研究によると、ストレスを抱えている人は歯周病になりやすいとのこと。ストレスが高まるとコルチゾールというホルモンが分泌して体の免疫力が弱まり、細菌が歯茎に侵入しやすくなるためです。

どんなに仕事に忙殺されても、歯磨きなど口内のケアは怠らないようにしましょう。

 

■6:大人ニキビができる

ストレスが高まると、大人ニキビもできやすくなります。

大人ニキビの場合、実は皮脂よりも肌の乾燥のほうが要因となるので、しっかり肌を保湿しましょう。ただし、保湿クリームを用量を超えて塗りたくると、毛穴が詰まって逆効果となるので使いすぎは避けてください。

 

■7:原因不明のかゆみに襲われる

ストレスのせいで肌が敏感になって、じんましんや湿疹ができたわけでもないのに体がかゆくなることもあります。かゆみのせいで、ますますストレスがたまるという点で、非常に厄介な症状です。

 

■8:アレルギー反応が出やすくなる

オハイオ州立大学の研究によれば、強いストレスを感じると、血液中の“IgE値”が高まるとのこと。IgE値というのは、アレルギー反応の出やすさを示すものです。

つまり、ストレスが高まると、これまでは平気だったホコリやダニ、花粉、食べ物などに対して急にアレルギー反応が出てしまうおそれがあります。

 

■9:腹痛がある

過剰なストレスによる身体症状のなかでも、最もよく知られたもののひとつとして腹痛が挙げられます。ひどい場合には、入院が必要なほど症状が深刻化することもあるので、「腹痛なんてよくあること」と軽く見ることはできません。

 

以上、無自覚に深刻なストレスを抱えている人に現れる症状9個をお届けしましたがいかがでしたか? 特に、何個も当てはまってしまったかたは、ストレスの原因をしっかり突き止めたり、十分に休養をとったりすることが必要かもしれませんね。

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 料理に混ぜるだけ!フリーアナウンサー高橋真麻さん愛用の美のパウダー

※ 結局何が良いの!? 驚くほどの栄養たっぷりミドリムシ

 

【関連記事】

悩みごとだけが原因じゃない!あなたの身近に潜む「うつ病の原因」6個

疲れる、イライラする…もしかして「子宮力」が原因かも!

大きな悩みが些細な悩みに変化する「密教」の瞑想法

老け顔もストレスも解消!1分でできる顔面ストレッチ

 

【参考】

Silent Signals You’re Stressed ‐ Prevention.com

 

【画像】

SalFalko