ぶどうや煮干しもダメ!? 犬や猫が食べると危ないNG食品6つ

by 姫野ケイ |

生活, ,

ペットとして犬や猫を飼っている方もいることでしょう。可愛いペットから人間が食べているものをねだられると、つい与えたくなってしまいますが、実は人間は平気でも、犬や猫に与えてしまうと手術をしなければならない恐ろしい食べ物もあるのです。

犬や猫が食べてはいけない食べ物について、田柄動物病院の獣医師・池田丞さんに教えてもらいました。

 

■1:タマネギを含むネギ類全般

犬や猫にタマネギを食べさせてはいけないのは有名ですが、タマネギだけでなく、長ネギ、ニラ、らっきょうなど、ネギ類全般もダメです。また、タマネギ自体を食べなくても、タマネギのエキスがしみ込んでいるスープや肉じゃが、ハンバーグ、オニオンリング等もNGです。

ネギ類には血液中の赤血球を壊す物質が含まれているので、貧血や血尿を引き起こしてしまいます。

 

■2:チョコなどのカカオ類

チョコやチョコ菓子に含まれるカカオ類は、中枢神経を刺激することにより不整脈、嘔吐、痙攣を起こす場合があります。ミルクチョコより、最近はやりのビターチョコの方が危険度は高めです。

 

■3:人間の鎮痛剤

頭痛薬や風邪薬に含まれる鎮痛剤は、人間より犬や猫の方が中毒症状を起こしやすいです。体重50kgの人間が飲む1錠分は、犬猫に換算すると何倍量にも相当します。犬猫が誤って飲んでしまうと、胃腸障害や肝機能障害を引き起こす可能性があり、猫は犬よりも強い症状が表れることがあります。

 

■4:ぶどう・レーズン

症状の出ない犬もいますが、犬にぶどうやレーズンを大量に摂取させると腎不全を引き起こす場合があります。

 

■5:海産物やミネラルウォーター

煮干しや鰹節は猫の好物ですし、ミネラルウォーターは水道水より良いというイメージもありますが、これらを食べ続けることにより、膀胱結石を作りやすくなってしまいます。犬は比較的水を飲む動物なので尿が濃縮することも少ないですが、猫は水をあまり飲まないので、リスクは犬よりも高くなります。

 

■6:種を含んだ食べ物

梅干しや桃など、比較的大きな種を含んだ食べ物を人間が食べていると、犬は「人間が食べているものは美味しい!」とインプットされてしまうため、少し席を外した隙に盗み食いをしてしまう場合があります。

実の部分は消化されてしまうので問題ありませんが、種は消化できないので腸閉塞を引き起こす事があります。これは猫には少なく、犬に多い事故です。腸閉塞を引き起すと、種を取り出すために手術が必要になってしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。意外な食べ物がNG項目に含まれていたことかと思います。大切なペットがうっかりNG食品を食べてしまわないよう、日頃から気をつけて見ていてあげてくださいね。

 

【あなたにおすすめのPR記事】

エイジングケアの救世主!肌本来の力を呼び覚ます「発酵パワー」の秘密

あなたも「奇跡の40代」に!ビタミンCの6,000倍の成分の効果がすごい

白髪染めいらず!? 体の内側から「黒ツヤ髪を育てる」奇跡の成分とは

カルシウムだけじゃダメだった!? テレビで話題の子供のための伸長方法

食生活乱れてない?「59種類の栄養素」が摂れる注目のユーグレナとは

 

【取材協力】

※ 池田 丞(イケダジョウ)・・・田柄動物病院・獣医師。 東京都獣医師会所属。犬や猫の一般的な内科や外科の診療、ワクチンやフィラリアなどの予防医学とともに、飼い主のいない猫(地域猫、ノラ猫)の避妊・去勢手術や東日本大震災や動物保護センターから保護された犬や猫の診療も力を入れて日々、診療に励んでいる。趣味は格闘技観戦と洗車。モットーは「地道」と「強きをくじき、弱きを助ける」 。Facebook:tagaraah

 

【画像】

bm.iphone