「この彼でいいの?」本当に自分に合ったパートナーの見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「この彼と一緒にいていいのかな?」「本当に自分に合ったパートナーはどこにいるのかな?」もう既に見つけた方も、探している方も、離婚するか迷い中の方も、誰もがこんな疑問を常に持っているのではないでしょうか?

寂しさから、優しくしてくれる男性を妥協して選択してしまっては、同じ事の繰り返しになってしまいます。実は、本当に自分に合ったパートナーの見つけ方があります。これは、生物学に基づいた研究結果から導き出された方法です。

それでは、本当に自分に合った異性を見つけ出す方法を、英語圏の情報サイト『realbuzz』を元に4つ御紹介します。

 

■1:排卵日に香水をつけない

本当に自分に合ったパートナーを見つける為には、排卵日あたりには香水をつけない方が良さそうです。

アメリカの研究で、男性グループに女性のTシャツをいくつか匂いを嗅いでもらう実験をした結果、排卵日の女性のTシャツに男性は敏感に反応し、男性ホルモン(テストステロン)のレベルが急上昇したのです。

本当のパートナーを見つける為には、香水ではなく人間の本来持っている嗅覚の力を利用して、自分の本当の香りに寄ってくる相手の方が、相性がいいといえるのです。

 

■2:自分の父親を見る

精神分析学者のフロイトは、人間はみんな自分の両親のような相手を探しているといっています。私達が人に出会った際に、自然と両親のような見た目や香りの人に引き寄せられます。また、心理サイコロジストのサベージが言うには、親しみがわくことが、両親のような相手を選ぶ一番の理由だと言っています。

本当に自分に合ったパートナーを見つける為には、まずは実家に帰り、自分が本当に必要としているものが何なのかを、父親を良く見て、知る事です。

 

■3:買い物に行く

パートナーがいない時には出会いを求める為に、クラブに行ったり、習い事に行きますよね。それは、新しい人達に会うには良い機会となるはずですが、そこで出会った人達が本当に自分に合ったパートナーとなる事はごく稀です。

一番良い方法は普段通りの生活の中で、誰が周りにいるかを気付く事です。スーパーマーケットはいろんな種類の異性に出会うのに完璧な場所で、普段バー等で出会った男性では見る事のできない、彼らの私生活をショッピングカートの中身を見る事ができます。

 

■4:鏡で自分を良く見る

実は鏡で自分自身を良く見てみる事が、あなたの理想とする男性を見つける完璧な方法なのです。多くの研究結果でも、夫婦はみんな似てくるという結果が出ています。まず自分の顔立ちをしっかりと鏡で見ておき、覚えておく事です。そうする事で、多くの男性の中から、自分にどこか似た男性をターゲットに絞る事ができます。

また、似た者同士の夫婦は家庭内で、児童虐待やわがままな振る舞いをするといった例も、きわめて少ないといった研究結果も出ています。

顔だけではなく、身体が似ている部分がある事もポイントです。研究者は、夫婦には耳の大きさ、首周りの長さ、中指の長さ等、どこか身体の一部分が似ている共通点があると言っています。

 

いかがでしたか? 自分をよく把握する事で、自分が本当に求めている相手の理想像をきちんと脳に焼き付け、自然と自分に本当に合った異性を選択するという事ですね。確かに、自分にどこかが似ている所があると、安心感や親しみが自然とわきますよね。ぜひ、お試しください。

 

【関連記事】

男女の評価は全然違う!男性の「美人」のポイント3つ

バッチリ化粧は無意味?男性のキレイ基準は「身体のバランス」

無理しすぎてない?キツイ服を着ると「体ブス」になると判明

逃すと危険?女性が最強になる時間は「午後●時」と判明

人気者の共通点はコレ!「ユーモアスキル」を磨く方法3つ

 

【参考】

5 ways to find the perfect man ‐ realbuzz